最終更新日2017年3月10日

地域における交通事故の事故件数の減少、死者数の減少、負傷者数の減少により、市民を交通事故の脅威から守ることを目標とし、平成28年度から平成32年度までの5年間に講ずべき交通安全に関する施策の大綱を定めたものです。

本計画は、「交通事故のない社会を目指して」「市民参加・協働の推進」「関係機関や団体相互の連携・協力の推進」「効果的・効率的な対策の推進」の4つの要素について、相互の関連を考慮しながら、適切かつ効果的な施策を市民の理解と協力のもとに関係機関が一体となって推進するために策定しました。