最終更新日2017年9月8日

社会資本整備総合交付金について

 

1 社会資本整備総合交付金とは

社会資本整備総合交付金は、国土交通省が所管する地方公共団体向けの補助金を原則一括化した交付金です。地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

この交付金は、「活力創出基盤整備」「水の安全・安心基盤整備」「市街地整備」「地域住宅支援」といった政策目的を実現するため、地方公共団体が作成する「社会資本総合整備計画」に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する制度です。

 

2 社会資本総合整備計画とは

社会資本総合整備計画は、国の社会資本整備総合交付金を活用するため、地方公共団体が作成する目標実現のための事業等を記載した計画で、国土交通大臣に提出することとなっています。

 

3 須賀川市の社会資本総合整備計画(現在実施中の計画)

 

須賀川市では、以下の計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

計画名称

計画期間 

 須賀川CROSSING
人・情報・モノの集まる場・始まり(発信)の場の創造を目指して
平成27年度 ~ 平成30年度 


須賀川市市民交流センターイメージ(俯瞰図)