最終更新日2018年8月29日
 橋本市長が、平成30年8月27日午前10時30分から、市政経営会議室において記者会見を行いました。
 記者会見の内容は、次のとおりです。

-------------------------------------------------------------------
  1. 平成30年9月須賀川市議会定例会提出予定案件について
  2. 敬老祝品の見直しについて
  3. 市民交流センター「tette」のオープン記念事業について
  4. 茶畑地区産業拠点整備事業プロポーザル競技の実施について
-------------------------------------------------------------------



平成30年9月須賀川市議会定例会提出予定案件について

1  須賀川市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例

2  須賀川市特別用途地区内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例

3  平成30年度須賀川市一般会計補正予算(第2号)

4  平成30年度須賀川市市営墓地事業特別会計補正予算(第1号)

5  平成30年度須賀川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

6  平成30年度須賀川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

7  平成30年度須賀川市介護保険特別会計補正予算(第1号)

8  平成30年度須賀川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

9  平成29年度須賀川市一般会計及び特別会計歳入歳出決算の認定について

10  平成29年度須賀川市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決算の認定について

11  放棄した債権の報告について

12  放棄した債権の報告について

13  平成29年度須賀川市一般会計予算継続費の精算報告について

14  平成29年度須賀川市水道事業会計予算継続費の精算報告について

15  平成29年度須賀川市健全化判断比率及び資金不足比率について


提出予定案件概要

 平成30年8月30日に招集する9月市議会定例会の単行議案2件、予算議案6件、決算議案2件及び報告5件の計15件について説明します。

1 須賀川市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例

 地域再生法及び地域再生法第17条の6の地方公共団体等を定める省令の一部が改正されたことに伴う所要の改正で、移転型事業に係る支援の拡充が行われ、減収補填措置の対象について、現行の固定資産税の「不均一課税」に「課税免除」が追加されたことに伴う規定の整理などを行うものであり、公布の日から施行するものです。

2 須賀川市特別用途地区内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例

 第2期須賀川市中心市街地活性化基本計画を策定するにあたり、特別用途地区内における大規模集客施設の立地を制限する必要があることから、所要の改正を行うものであり、公布の日から施行するものです。

3~8 補正予算

 添付ファイル:平成30年度補正予算(9月定例会)の概要

9 平成29年度須賀川市一般会計及び特別会計歳入歳出決算の認定について

 平成29年度の決算について、地方自治法第233条第3項の規定により、議会の認定を求めるものです。

10 平成29年度須賀川市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決算の認定について

 平成29年度の決算について、地方公営企業法第30条第4項及び第32条第2項の規定により、議会の議決及び認定を求めるものです。

11~12 放棄した債権の報告について

 平成30年3月31日をもって債権放棄した高額医療費資金貸付金償還金及び市営住宅使用料について、須賀川市債権管理条例第17条第2項の規定により報告するものです。

13 平成29年度須賀川市一般会計予算継続費の精算報告について

 平成29年度をもって継続年度が終了した稲田小校舎改築事業及び第二中校舎増築事業について、地方自治法施行令第145条第2項の規定により、実績額等を報告するものです。

14 平成29年度須賀川市水道事業会計予算継続費の精算報告について

 平成29年度をもって継続年度が終了した西川浄水場前処理施設整備事業について、地方公営企業法施行令第18条の2第2項の規定により、実績額等を報告するものです。

15 平成29年度公益財団法人ふくしま科学振興協会決算について

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく平成29年度の「実質赤字比率」、「連結実質赤字比率」、「実質公債費比率」及び「将来負担比率」の各健全化判断比率は、いずれも早期健全化基準を下回っており、公営企業における「資金不足比率」も含め、健全な範囲にあります。これら2件は、平成29年度の決算の結果に基づき、議会に報告するものです。

健全化判断比率及び資金不足比率               (単位%)

 

実質赤字

比率

連結実質

赤字比率

実質公債

費比率

将来負担

比率

資金不足

比率

平成29年度数値

6.3

35.3

早期健全化基準

12.56

17.56

25.0

350.0

 

財政再生基準

20.00

30.00

35.0

 

 

※「―」は、実質赤字額、連結実質赤字額及び資金不足額がないことを表す。



敬老祝品の見直しについて

1 概要

 市では地域社会に貢献し、本市の発展に大きく寄与されてきた75歳以上の高齢者に対し、毎年敬老祝品として商品券と温泉利用券をそれぞれ贈呈しています。
 この敬老祝品につきましては、商品券の利用率は9割と高いものの、温泉利用券の利用率は5割と低い状況にあり、高齢者の皆さんから、さらに使いやすくなるよう様々な要望などをいただいています。
 このため、より高齢者の皆さんに喜んでいただける敬老祝品となるよう、その内容について検討してきたところですが、本年度からは、商品券と温泉利用券のどちらにでも利用できる「共通券」とすることを計画しており、敬老祝品の拡充に係る経費について、9月市議会定例会に補正予算を提出しています。

2 内容

(現行)
  商品券:3枚(1枚500円・1,500円分)
  温泉利用券:6枚(市内6温泉施設で利用可)
  ※「1日入浴」と「1回入浴」で取り扱う施設が混在している。

(見直し案)
  共通券:6枚(「商品券」としての利用は1枚500円・「温泉利用券」としての利用は全施設で1日入浴券として取り扱う。)
  ※選択により商品券としては最大3,000円、温泉利用券としては最大6回分

(担当課:長寿福祉課)

市民交流センター「tette」のオープン記念事業について

 オープン記念事業として次の3つのイベントの誘致が決定しました。
 この機会を生かし、「tette」を市内外に広くピーアールしていきます。

1 第23回福島大学地域創造支援センター地域フォーラム「須賀川市地域活性化フォーラム」

(1) 主催

  国立大学法人福島大学(地域創造支援センター)
  ※市は共催として、会場の提供やPRなどについて協力する。

(2) 日程

  平成31年2月17日(日曜日) ※予定

(3) 会場

  市民交流センター「tette」

(4) 内容

  ア 基調講演
  イ パネルディスカッション など

<福島大学地域創造支援センター地域フォーラム>
  • 福島大学地域創造支援センターが、地域の課題や活性化を共に考える場として、県内各地で毎年開催している。
  • 今回は、福島大学創立70周年記念事業の一環として開催される。
  • 今年4月に本市と福島大学が相互協力協定を締結したことに伴い、今回本市で開催することとなった。

2 文化庁メディア芸術祭須賀川展「創造のライン、生のライン」

(1) 主催

  文化庁
  ※市は共催として、会場の提供やワークショップ、PRなどについて協力する。

(2) 期間

  平成31年2月27日(水曜日)~3月17日(日曜日)の19日間

(3) 会場

  市民交流センター「tette」ほか

(4) 内容

  ア 受賞作品等の展示
  イ アニメなどの映像作品の上映
  ウ 須賀川市の特色を生かした展示やイベント
  エ ワークショップ など

<文化庁メディア芸術祭>
  • アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル
  • 1997年度から、メディア芸術の振興を目的とし、新国立美術館などにおいて毎年開催され、受賞作品を対象に展示会やイベントなどが行われる。
  • 地方展は2002年度から毎年行われ、その地域にあった「文化庁メディア芸術祭」が開催され、国内の様々な都市で、受賞作による展覧会などを実施し、現在における多様な表現を紹介している。

3 図書館総合展地域フォーラム

(1) 主催

  図書館総合展実行委員会
  ※市は共催として、会場の提供やPRなどについて協力する。

(2) 日程

  2019年5月18日(土曜日)
  ※翌日の19日(日曜日)に関連事業(施設見学、市内案内等)を予定

(3) 会場

  市民交流センター「tette」

(4) 内容

  ア 講演
  イ パネルディスカッション
  ウ 協賛企業によるプレゼンテーション
  エ 各種展示 など

<図書館総合展>
  • 図書館関連で最大の総合展示会であり、図書館業界全体の交流・情報交換の場、学習環境・情報流通に関する技術と知見を発表する場となっている。
  • 1999年から東京国際フォーラムやパシフィコ横浜などで毎年行われる。
  • 併せて、全国各地の図書館関係施設において「地域フォーラム」が行われる。

(担当課:市民交流センター整備室)

茶畑地区産業拠点整備事業プロポーザル競技の実施について

1 経過等

 市では、茶畑地区産業拠点整備事業を推進するため、昨年10月に金融機関や有識者などで構成するプロポーザル競技審査委員会を設置しました。
 本審査委員会においては、本事業に係る基本方針に基づき、当該用地の有効活用についての提案を広く民間から募集し、事業候補者を選定するため、これまで5回にわたってプロポーザル競技に係る実施要領等の検討を行ってきました。
 この度、実施要領等がまとまりましたので、去る8月21日から、プロポーザル競技の参加者の公募を開始しました。

<茶畑地区産業拠点整備事業基本方針>
 本市の中心市街地活性化基本計画など各種まちづくり計画との整合を図りながら、これまで同様、一体的な土地利用形態が維持でき、新たな雇用が期待できる製造部門や物流部門の立地など、本市の産業拠点として整備する。

2 公募期間

(1) 参加表明書等

  平成30年8月21日(火曜日)~9月21日(金曜日)

(2) 事業提案書の提出期限

  平成30年11月22日(木曜日) 午後5時

3 今後の主なスケジュール

項目

期日・期間

参加表明書等の提出期間

平成30年8月21日~9月21日

プロポーザル競技説明会開催

平成30年9月3日(月曜日)

参加資格審査の結果通知

平成30年9月28日(金曜日)

事業提案書の提出期限

平成30年11月22日(木曜日)

第一次審査(書類審査)

平成30年12月中旬

第一次審査結果公表・通知

平成30年12月下旬

第二次審査(プレゼンテーション・ヒアリング)

平成31年1月中旬

第二次審査結果公表・通知

平成31年1月下旬

 

 

(担当課:商工労政課)