最終更新日2011年7月4日

熱中症の発生は7~8月がピークになります。
熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

 

熱中症の症状

筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現われ、重症になると意識障害などが起こります。

熱中症の予防法

「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

  • こまめな水分・塩分補給
  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 涼しい服装、保冷剤、冷たいタオルなどによる体の冷却
  • 扇風機やエアコンを使った温度調整
    (気温が高い日や湿度の高い日は、決して無理な節電はしない。)

熱中症になったら

  • 涼しい場所へ避難させる。
  • 衣類を脱がせ、身体を冷やす。
  • 水分・塩分を補給する。
  • 自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急隊を要請する。

高齢者・乳幼児は特に注意

  • 高齢者は、暑さや水分不足に対する感覚が低下しており、室内でも熱中症になることがあります。
  • 乳幼児は、体温調節が十分発達していない上、地面に近いほど気温が高くなるため注意が必要です。