中心市街地活性化画像
最終更新日2019年3月18日

須賀川市中心市街地活性化基本計画(第2期計画)が認定されました

 市では、東日本大震災にからの復興と中心市街地の活性化を図るため、平成26年度より「第1期須賀川市中心市街地活性化基本計画(以下「第1期基本計画」)」を策定し、行政と民間が協力し、中心市街地の活性化に取り組んでまいりました。
 このたび第1期基本計画が平成30年度で満了することから、引き続き中心市街地の活性化に取り組むため、平成31年度からの「第2期須賀川市中心市街地活性化基本計画(以下「第2期基本計画」)」を策定し、平成31年3月18日に内閣府の認定を受けました。
 今後は、第2期基本計画に基づき、更なる中心市街地の活性化に向け、官民連携のもと取り組んでいきます。

 第2期基本計画は、ページの一番下からダウンロードしてご覧いただけます。

計画期間

 平成31年4月から平成36年3月までの5年間です。

計画区域

 中心市街地の区域は、市庁舎や市民交流センター、翠ヶ丘公園を含む須賀川駅並木町線沿道を中心に、北はJR須賀川駅周辺から中町周辺や市役所の周辺を含め、南は県ものづくり支援センター北の交差点までの区域(南北2.6km、面積130.8ha)です。

基本理念

また遊びに来たくなる 魅力にあふれた街

基本方針

  1. 訪れたくなる魅力ある市街地の確立 
  2. 新たな挑戦による魅力の向上

目標

1.魅力あるコンテンツを増やし、休日における回遊性を向上させる

【指標】休日歩行者通行量(主要9地点合計平日歩行者通行量)
 現状値(平成30年)1,960人/日
 目標値(平成35年)2,689人/日

2.新たに店舗を構える人を増やす

【指標】新規出店数(5年間合計新規出店数)
 現状値(平成25年度~平成30年度)18店舗
 目標値(平成31年度~平成35年度)36店舗

3.公共施設・空間の民間活用を増やす

【指標】民間事業者における対象施設利用件数(1年間の主要6施設の利用件数)
 現状値(平成29年度) 19件
 目標値(平成35年度) 102件
対象施設:市庁舎・市民交流センター・(仮称)文化創造伝承館・須賀川駅・翠ヶ丘公園・結の辻

主な事業

目標を達成するため次のような事業を行っていきます。

  • 須賀川駅西地区都市再生整備事業 

  • 市民交流センターを核とした回遊推進事業

  •  (仮称)文化創造伝承館整備事業

  •  翠ヶ丘公園老朽化施設リノベーション事業

  • ウルトラマンを活用したまちづくり事業

  • まちなか出店推進事業 

  • シェア店舗整備事業 

  •  Rojima-すかがわの路地deマーケット

  •  中心市街地民間事業サポート事業    など

第2期須賀川市中心市街地活性化基本計画

下記より第2期須賀川市中心市街地活性化基本計画のPDFファイルがダウンロードできます(容量が大きいので分割して掲載しています)。