最終更新日2019年8月30日
 橋本市長が、令和元年8月30日午前11時から、市政経営会議室において記者会見を行いました。
 記者会見の内容は、次のとおりです。

-------------------------------------------------------------------
  1. 国の幼児教育・保育無償化に伴う市独自の給食費無償化について 

 

-------------------------------------------------------------------



国の幼児教育・保育無償化に伴う市独自の給食費無償化について

 市では、平成29年4月から、市内居住の5歳児に対し、公立・私立を問わず全ての保育所・こども園の保育料及び幼稚園の授業料を無償化してきました。
 令和元年10月から、国の制度による3歳から5歳児の幼児教育・保育無償化が始まりますが、給食費については無償化の対象外となるため、おかず及びおやつ代などの「副食費」、ごはん及びパン代などの「主食費」の両方を保護者から徴収することになっています。
 市では、子育て世帯の経済的負担を軽減し、子育てしやすい環境の更なる充実を図るため、市が国に先行して実施してきた5歳児の保育料、授業料無償化に係る財源を活用し、市独自に市内居住の3歳から5歳児に係る「副食費」「主食費」を合わせた給食費を、公立・私立を問わず、市が負担し無償化します。

須賀川市の対応(90KB) 

須賀川市の対応

                                  (担当課:こども課)