最終更新日2010年4月1日

 
境界査定は、官地(市道、水路や準用河川など)と民地(私有地)との境界を明確にすることにより、相互の土地の有効利用を期するものです。家屋の新築・増築の際、塀を築造される場合、土地の分筆・実測などをするときは、必ず境界の確認を行ってください。これを怠ると将来、境界紛争の原因ともなりかねません。
なお、市のホームページからも、申請用紙をダウンロードできますので、ご利用ください。