最終更新日2018年5月7日

 須賀川市教育委員会では、「須賀川市教育振興基本計画」に基づき、年度ごとに「須賀川市教育委員会重点施策」を策定しています。

基本方針

 須賀川市教育委員会は、「須賀川市子ども・子育て支援事業計画」及び「須賀川市教育振興基本計画」に基づき、子育てしやすい環境づくりに向け、保育サービスなどの子育て支援に取り組むとともに、幼児教育や学校教育を通して「ともに育て支えあい 子どもが夢を描けるまち すかがわ」、「郷土に誇りを持ち、心豊かで生き生きと輝く人づくり」を目指します。
 子どもはいつの時代も社会の希望であるとともに、未来を創る力であり、安心して産み育てることができる社会の実現が子ども・子育て支援において求められています。
 本市においてもすべての子どもが、かけがえのない個性ある存在として認められ、心身ともにすくすく育ち、子どもと子育て家庭が孤立することがないように、協働して子育てを行うことのできる環境づくりに努めます。
 また、人は成長過程において家庭や地域など、さまざまな人間関係の中で学び育まれるため、日常生活の営みを通して行われる教育は最も重要です。家庭の愛情に包まれて育ち、地域で多くの人との関わりの中で生活することにより、感謝の気持ち、さらには郷土に対する理解や愛着が育まれ、健やかで豊かな人間性を身につけていきます。
 そのため、学校教育においては、一人ひとりの可能性を伸ばし、確かな学力、生命や人権を尊重する心、広い視野と柔軟な思考力、自立心や自己制御力など子どもたちの生きぬく力を培い、家庭や地域との連携を図りながら、安全で安心できる教育環境づくりに努めます。
 これらを実現するため、保育所・幼稚園から中学校までの10年間を義務教育と捉え、幼児期の教育・保育と小学校教育を円滑に繋げるために、5歳児保育料等の無償化を引き続き実施し、小学校就学前児童が等しく幼児教育を受けられる環境を整備してまいります。
 また、今年度は「小中一貫教育」須賀川モデル推進の中間目標年度であることから、「小中一貫教育」須賀川モデルを一層推進するため、中学校区ごとのグランドデザインに基づいた教育活動を引き続き支援するとともに、教員交流や研修会を計画的に実施してまいります。さらに、今年度は地域学校運営協議会の運用を図ったり、地域の有能な人材を学校教育に生かすため、コーディネーター選定と活用を図ったりするなど、学校、家庭や地域との連携、協働による小中一貫教育のさらなる拡充に努めてまいります。
 加えて、保育所、幼稚園、小・中学校などのトイレ洋式化をはじめ、稲田小学校プール改築や阿武隈小学校の耐震補強など教育施設の整備を進めてまいります。また、待機児童対策として、保育の受け皿となる施設整備を推進するほか、引き続き保育士の確保に努めるとともに、昨年度から工事に着手している須賀川二小児童クラブ館の整備により、放課後児童対策に努めます。
 これらの子ども・子育て支援及び教育行政に関する施策については、総合教育会議において協議・調整し、実効性のあるものとして取り組んでまいります。

重点施策

 1 安心してのびのびと産み育てられる環境をつくる
  (1) 子育てしやすい環境づくりの推進(医療体制・負担軽減、妊産婦健診等)
  (2) 生活環境の整備
  (3) ひとり親家庭の自立支援
 2 子どもが心身ともにすくすく育つ
  (1) 健康支援の推進
  (2) 教育環境の整備
  (3) 次世代の親の育成
  (4) 家庭・地域における子育て支援の推進
  (5) 子どものための保育サービスの推進
  (6) 支援が必要な子どもへの対応
 3 変化の大きい社会に的確に対応できる「生きぬく力」を育む
  (1) 確かな学力の育成
  (2) 心の教育の推進
  (3) 健康増進と体力向上の推進
  (4) 開かれた学校づくりの推進
  (5) 特別支援教育の充実
  (6) 教育環境の計画的整備の推進
  (7) 就学が困難な児童生徒の経済的な支援
 4 子どもの人権の尊重と安全・安心を守る
  (1) 子どもの人権の尊重
  (2) 児童虐待防止対策・要保護児童対策の推進
  (3) 地域安全活動の推進
 5 子育て支援、教育施設等の整備・充実
  (1) 子育て支援施設の整備・充実
  (2) 安全・安心な教育環境の確保 
 6 教育行政推進体制の充実
  (1) 教育委員会活動の充実
  (2) 開かれた教育行政及び子育て支援の推進 

※重点施策の詳細については、下記添付ファイルのとおりです。