最終更新日2013年4月1日

洪水避難地図(洪水ハザードマップ)を修正しました

平成23年の東日本大震災及び台風15号の被害に伴い、避難所及び浸水想定区域を一部修正しました。
洪水避難地図(洪水ハザードマップ)は、須賀川市役所仮設庁舎内の生活課で配付しています。

洪水避難地図(洪水ハザードマップ)とは

洪水避難地図(洪水ハザードマップ)は、河川が大雨によって増水して、堤防が決壊、越水により浸水が想定される範囲とその程度、並びに各地区の避難場所などを示した地図です。

安全に避難するためには

いざという時に備えて、日頃から避難所を確認し、安全な避難ルートを考えましょう。
また、持ち出し品の準備、避難情報をどのように入手するか、避難時にはどのように行動するかなど、緊急時の準備と行動を理解しましょう。
なお、地図に示した浸水範囲以外の所でも、浸水が発生するおそれがありますので、十分に注意してください。