最終更新日2016年3月31日

 70歳から74歳の方が医療機関を受診する際に窓口で負担する額は、法律上2割となっていますが、特例措置でこれまで1割負担とされていました。平成26年度から、この特例措置が見直されました。
 見直しに当たっては、高齢の方の生活に大きな影響が生じることのないよう、平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎える方から段階的に2割負担となりました。 

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方(誕生日が昭和19年4月2日以降の方) 

 70歳の誕生月の翌月(ただし、1日が誕生日の方はその月)の診療から、医療費の窓口負担が2割になります。(69歳までと比べて下がります。)
(例えば、平成26年4月2日~5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、5月の診療から2割負担になります。) 
 該当する方には、誕生月の月末までに、負担割合(2割)を記載した高齢受給者証を送付しますので、受診の際は、保険証と一緒に提示してください。

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方(誕生日が昭和19年4月1日までの方) 

 平成26年4月以降も医療費の窓口負担は1割のまま変わりません。
 ※いずれの場合も、一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。