最終更新日2017年7月3日

須賀川市から他市町村へ住所を異動されるときは、須賀川市が発行した転出証明書が必要になります。

須賀川市で転出届をせずに、既に他市区町村へ引っ越してしまった場合、郵便(信書便)で転出証明書を請求することができます。

郵便(信書便)による転出証明書の請求方法

下記の(1)~(4)を同封し、送付してください。

あて先
 〒962-8601 須賀川市八幡町135番地 
  須賀川市役所市民課

(1)請求書

下記よりダウンロードし、印刷したものに必要事項を記入してください。もしくは、便せん等に必要事項を記入していただいてもかまいません。

請求できる人

 本人

必要事項
  1. 請求する方の氏名(氏名の横に押印)
  2. 日中連絡のつく電話番号
  3. 新住所と新世帯主の氏名
  4. 旧住所と旧世帯主の氏名
  5. 異動年月日(新住所へ引っ越しした日)
  6. 異動した方の氏名・生年月日、住民基本台帳カードもしくは、個人番号カード(注1)の所持の有無(カードを紛失した方は、その旨も記載してください。通常の転出の手続きとなります。)

(2)返信用封筒

請求者の氏名、届出した新住所を記入して、切手を貼って下さい。
※返送先は、新住所地にしか送れませんので、ご了承ください。
※速達、簡易書留、特定記録等で返送を希望する場合は、種別を明記のうえ必要分の切手を貼ってください。

(3)本人確認書類の写し

(A)1種類の添付でよいもの(氏名、住所、生年月日、性別の4情報のうち、住所を含め3つ以上の情報が入ったもの)
例:運転免許証、写真付きの住基カード、個人番号カード(注1)、国民健康保険証、介護保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、在留カードなど
(B)2種類の添付が必要なもの(上記(A)に含まれないもの)
例:パスポート、健康保険被保険者証(社保)、国民年金手帳、銀行通帳、キャッシュカード、会社等の身分証明書など
※(A)、(B)ともに有効期限内のものに限る。

(4)須賀川市より発行された各種保険証や資格証

お持ちの方は、須賀川市へ返却してください。

転出証明書を取得した後の手続きについて

転出証明書がお手元に届きましたら、本人確認書類と転出証明書をご持参のうえ、新住所地の窓口にて、転入の手続きを行ってください。住民基本台帳カードもしくは、個人番号カード(注1)をお持ちの方は、転出証明書の代わりにカードをご持参のうえ、転入の手続きを行うようになります。その他必要書類等については、転入先の市区町村へお問い合わせください。
※転入した日から14日以上過ぎている場合は、カードを使用した転出の手続きはできませんので、通常の転出の手続きとなります。

(注1)…個人番号カードとは通知カードではなく、顔写真付きのプラスチック製のカードとなります。

添付ファイル:転出証明書の郵便による請求書.doc(43KB)
添付ファイル:記載例.pdf(191KB)