最終更新日2017年8月17日

老齢基礎年金

保険料を納めた期間(保険料免除期間を含む)が10年以上ある人が原則として65歳になったときから受けられます。また、国民年金納付期間が10年なくても他の公的年金の加入などにより年金を受けられる場合がありますので、市役所保険年金課に相談してください。

障害基礎年金

次の要件を満たしたときに障害基礎年金が支給されます。

  1. 国民年金に加入している間に病気やけがをして障害者になったときや、保険料を納める必要がなくなったあと65歳までの間に障害者になったとき(老齢基礎年金の繰り上げ支給を受けているときは支給されません)。
  2. その障害のもととなった病気・けがで初めて医師にかかった月の前々月に保険料を納めた期間と免除を受けた期間が3分の2以上あること。
  3. 初診日が平成38年4月1日前の場合は、上記の要件を満たさなくても、初診日の前々月までの 1年間に保険料未納期間がないこと。

遺族基礎年金

国民年金の被保険者または被保険者であった人が死亡したとき、その人と生計を同じくしていた18歳未満の子(18歳となる年度の年度末まで)または20歳未満で1級、2級の障害の状態にある子と生計を同じくする妻か子に対し支給されます。年金額など詳しいことは年金高齢者医療係におたずねください。

年金イメージ9