最終更新日2016年9月15日

保育所・幼稚園・認定こども園の違い


保育所(園) 幼稚園 認定こども園 
管轄 厚生労働省
(児童福祉法に基づく児童福祉施設)
文部科学省
(学校教育法に基づく教育機関)
 内閣府
(就学前の子どもに関する
教育、保育等の総合的な提
供の推進に関する法律に基
づく施設)
対象 保護者の事情で保育が必要な0歳から小学校就学前の乳幼児と幼児 満3歳から小学校就学前の幼児  (2・3号)
保護者の事情で保育が必要
な0歳から小学校就学前の乳
幼児
(1号)
満3歳から小学校就学前の幼児
保育料 児童の年齢他によって異なる 児童の年齢他によって異なる 児童の年齢他によって異なる
保育時間 保育標準時間11時間
保育短時間8時間
教育標準時間4時間 (2・3号)
保育標準時間11時間
保育短時間8時間
(1号)
教育標準時間4時間
目的 保育必要性の認定を受けた児童に対して保育を提供すること。 幼児教育を提供すること。  就学前の子どもに幼児教育・保育を提供すること。

保育所(園)

保育所の入所を申し込めるのは、児童の保護者のいずれもが下記のいずれかに該当することにより、その児童を保育することができないと認められる場合であって、かつ、同居の親族その他の者もその児童を保育することができないと認められる場合です。

なお、認可保育所の4月入所児童の募集は、毎年10月に行います。

  1. (就労)児童の保護者等が仕事をしている場合。
  2. (妊娠・出産)児童の母親が、出産する場合。
  3. (疾病・障害)児童の保護者が疾病、負傷又は心身の障害がある場合。
  4. (介護・看護)同居の親族に疾病、負傷又は心身に障害のある人がいるため、児童の保護者が常にその看護や介護にあたっている場合。
  5. (災害復旧)震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている場合。
  6. (求職活動)求職活動をしている場合 。
  7.  (就学)専門学校や職業訓練学校に通っている場合。
  8. (虐待・DV)虐待やDVの恐れがある場合。
  9. (育児休暇)育児休業取得時に、既に保育を利用しいている子どもがいて継続利用が必要である場合。

幼稚園

幼稚園は満3歳~小学校就学前の幼児を対象とします。保育所(園)と違って、入所の基準はありません。

こども園

こども園は、保育及び教育を一体的に提供する保育所と幼稚園の機能や特徴をあわせ持った施設です。