最終更新日2014年7月14日
2給食.jpg

 福島県教育委員会「いただきます。ふくしまさん」事業による給食試食会が、6月29日(日曜日)に須賀川市立小塩江中学校で実施されました。
 本事業は、福島県産の農林水産物を学校給食に利用し、検査体制見学会や試食会などの啓発・食育推進事業などに補助がされる事業です。
 給食試食会には40名の保護者が参加し、安全を確認した地場産物を活用した給食を試食し、学校給食に対する理解を深めました。
 メニューは麦ごはん、牛乳、夏野菜カレー、きゅうりのさっぱりサラダ、さくらんぼで、福島県産の食材は、豚ばら肉、にんにく、さやいんげん、人参、なす、かぼちゃ、じゃがいも、玉ねぎ、きゅうり、大根、さくらんぼの11品目でした。
 須賀川市では、学校給食センターと学校給食調理場に検査器を1台ずつ配置し、学校給食用食材の放射性物質検査を行っています。(検査器の検出下限値は、食材1キログラムあたり10ベクレル)
 当日の給食で使用する食材から、児童・生徒1人分に相当する量を取り出して検査しています。