最終更新日2014年2月20日
稲田中(2月7日).JPG

 福島県教育委員会「いただきます。ふくしまさん」事業による地場産物を活用した給食が、2月7日(金曜日)須賀川市立稲田中学校で実施されました。本事業は、安全・安心を確認した地場産物を学校給食に活用する取組に対して補助金を交付する事業です。
 当日の献立は、「麦ごはん、牛乳、すきやき煮、ごまサラダ、りんご」で、使用した食材のほとんどは須賀川市産のものです。当日は給食試食会が行われ、20名の保護者の方から「おいしい」「おなかいっぱい」等の感想が聞かれました。また、試食開始前には、放射能検査機材を見学していただき、検査についての理解も深めました。
 須賀川市では、給食調理場のある各学校と学校給食センターに放射能検査器を1台ずつ配置し、当日の給食で使用する食材から、児童・生徒1人分に相当する量を取り出して検査しています。検査機器の値が10ベクレル未満であるか確認し、安全・安心な給食を提供しています。