最終更新日2013年12月12日
resize0066.bmp

 福島県教育委員会「いただきます。ふくしまさん」事業を活用した給食が、11月6日(水曜日)須賀川市立小塩江中学校で実施されました。本事業は、安全・安心を確認した地場産物を学校給食に活用する取組に対して補助金を交付する事業です。
 当日の献立は、「麦ごはん、牛乳、とんかつ、キャベツの浅漬、じゃがいもと白菜のみそ汁、りんご」でした。とんかつの肉は福島県産、浅漬、みそ汁に使用した野菜とりんごはすべて須賀川市産の食材を使用しました。生徒たちは、分厚いとんかつと地元の野菜をたくさん使った給食をおいしそうに食べていました。
 須賀川市では、給食調理場のある各学校と学校給食センターに放射能検査器を1台ずつ配置し、学校給食用食材に1キログラムあたり10ベクレルの基準値を設定し、当日の給食で使用する食材から、児童・生徒1人分に相当する量を取り出して検査しています。