最終更新日2013年5月30日
コピー ~ P1010452.JPG

 5月27日(月曜日)須賀川市内の公立幼稚園・こども園、小・中学校の特別支援教育コーディネーター及び特別支援教育支援員を対象に特別支援教育研修会が行われました。目的は、(1)特別支援教育コーディネーターの役割について理解を深めるとともに、特別支援教育に関するコーディネート力の向上を図り、各園・学校の特別支援教育推進上の課題解決を促進するため。(2)障がいの理解及び対応についての基本的な知識・技能を身につけるとともに、特別支援教育支援員としての資質の向上を図り、特別な支援を必要とする児童生徒の特性に応じたきめ細かな支援を充実させるための2点です。
 研修会では、担当者から平成25年度の須賀川市の特別支援教育の重点の説明を行い、県中教育事務所指導主事から「特別支援教育の校内研修の充実に向けて」の講義を行っていただきました。その後コーディネーター部会と支援員部会に分かれました。コーディネーター部会では、須賀川養護学校の特別支援教育コーディネーターの先生から「コーディネーターの役割について」の講義をいただき、また支援部会では支援をおこなっての悩みや問題点を話し合ったり、教員研修センター特別支援教育担当指導主事の講義を聞いたりしました。
 なお、須賀川市教育委員会では、今年度、教育研修センターに特別支援教育担当指導主事を配置して教職員の指導助言、相談を行ったり、特別支援教育支援員を4名増員して各校に配置して、特別支援教育の充実を目指しております。
 今後も、「一人ひとりの個性が輝き、生きぬく力を育む学校教育の推進」を目指して、個に応じた特別支援教育の充実を図っていきたいと思います。