最終更新日2013年7月2日
ふくしまさん.bmp

 福島県教育委員会「いただきます。ふくしまさん」事業による給食試食会が、6月30日(日曜日)須賀川市立小塩江中学校で実施されました。本事業は、福島県産の農林水産物を学校給食に利用し、検査態勢見学会や試食会などの啓発・食育推進事業などに補助がされる事業です。
 給食試食会には32名の保護者が参加し、安全を確認した地場産物を活用した給食を試食し、学校給食に対する理解を深めました。メニューはゆかりご飯、牛乳、豚肉の生姜焼き、胡麻和え、小松菜と油揚げの味噌汁、さくらんぼで、福島県産の食材はキャベツ、キュウリ、にんじん、もやし、豚肉、さくらんぼでした。
 須賀川市では、学校給食センターと学校給食調理場に検査器を1台ずつ配置し、学校給食用食材に1キログラムあたり10ベクレルの基準値を設定し、当日の給食で使用する食材から、児童・生徒1人分に相当する量を取り出して検査しています。