最終更新日2018年5月1日
No. サービスの種類 要支援1・2の方が利用できるサービス内容 要介護1~5の方が利用できるサービス内容
(1) 福祉用具の貸与・介護予防福祉用具貸与

事業者情報

福祉用具のうち介護予防に資するものとして、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助つえなどの福祉用具の貸与を行います。(車椅子や特殊ベッド(付属品含む)、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフトについては、原則利用できません。) 日常生活の自立を助けるための福祉用具を貸与します。(要介護1の方は車椅子、特殊ベッド(付属品含む)、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフトについては、原則利用できません。)
(2) 特定福祉用具購入・特定介護予防福祉用具購入
事業者情報
介護予防に資する入浴や排泄などに使用する福祉用具の購入は指定事業所に限られます。(入浴補助用具、ポータブルトイレ、特殊尿器、入浴用介助ベルトなど) 入浴や排泄などに使用する福祉用具の購入は指定事業所に限られます。(入浴補助用具、ポータブルトイレ、特殊尿器、入浴用介助ベルトなど)
(3) 住宅改修費支給・介護予防住宅改修費支給 手すりの取付けや段差解消などの住宅改修をした際、改修費(上限20万円)に対し利用者の負担割合に応じて相当額を支給します。工事着工前に事前審査が必要になります。 手すりの取付けや段差解消などの住宅改修をした際、改修費(上限20万円)に対し利用者の負担割合に応じて相当額を支給します。工事着工前に事前審査が必要になります。