No. サービスの種類

要支援1・2の方がサービスを利用することができるかどうか

利用することができるサービス内容
(1) 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

事業者情報

利用できません。 常時介護が必要で居宅での生活が困難な方が入居して、施設サービス計画書に基づき、入浴、排泄、食事、日常生活の介護、機能訓練、健康管理等を行う施設です。定員29人以下の小規模で運営される施設は地域密着型サービスとなります。
(2) 介護老人保健施設(老人保健施設)

事業者情報

利用できません。 病状安定期にある方が、リハビリテーションを中心としたケアを行い、自立した日常生活を営むことができるよう、在宅生活への復帰を目指す施設です。
(3) 介護療養型医療施設 利用できません。 急性期の治療を終え、長期の療養を必要とする方のための医療施設です。
(4) 軽費老人ホーム(ケアハウス)
事業者情報
利用できます。 ケアハスは食事や入浴、緊急時対応などの手助けにより自立した生活ができるようサポートしていく施設です。そのため、入居後に介護が必要になったり認知症になった場合などは退去しなければならない可能性もあります。
(5) サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
事業者情報
利用できます。  サ高住で提供されるサービスは、常駐の介護スタッフによる見守りや生活相談です。また、身の回りの世話ができることや認知症でないことなども入居の条件となっており、重度の介護状態にある方は基本的に住み続けることはできなくなります。