最終更新日2018年10月18日

市たばこ税とは

 たばこの製造者、特定販売業者(輸入業者)または卸売販売業者が、市内のたばこ小売販売業者に売り渡した製造たばこに対してかかる税金です。本税は、市民の皆様への各種事業に有効に活用させていただきますので、たばこを購入される場合は、市内で購入していただくようお願いします。

市たばこ税を納める人(納税義務者)

 たばこの製造者、特定販売業者(輸入業者)、卸売販売業者です。毎月の売り渡し分を翌月末日までに申告・納付します。
 ※ただし、たばこの小売価格には、すでに市たばこ税が含まれていますので、実際に税金を負担しているのは「たばこを買った人」となります。

市たばこ税の税率

 

 製造たばこ(紙巻たばこ旧3級品以外) 
 売り渡したたばこの本数1,000本につき5,692円
 
 平成30年度税制改正により、平成30年10月1日から紙巻たばこ旧3級品以外(平成31年10月1日以後は紙巻たばこ旧3級品を含む)の税率が段階的に引き上げられます。
 

 実施時期      

税率(1,000本あたり) 

 平成30年9月30日まで

 5,262円

 平成30年10月1日から
 平成32年9月30日まで

 5,692円

 平成32年10月1日から
 平成33年9月30日まで

 6,122円

 平成33年10月1日から

 6,552円


 製造たばこ(紙巻たばこ旧3級品)

 売り渡したたばこの本数1,000本につき4,000円
 ※旧3級品は、わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレットの6銘柄です。

 平成27年度税制改正により「旧3級品」の製造たばこの特例税率の規定が廃止され、平成28年4月1日より段階的に税率が引き上げられます。

実施時期

税率(1,000本あたり)

 平成28年3月31日まで 

 2,495円  

 平成28年4月1日から

2,925円

 平成29年4月1日から

 3,355円

 平成30年4月1日から

 4,000円

   平成31年10月1日から

 5,692円 
※旧3級品としての区分廃止

 

たばこ税の手持品課税が実施されます

 
 税率改正前(平成28年3月31日以前)に出荷または売り渡しが行われている場合には、引き上げ前の税率で課税されています。そのため、税率改正後に製造場から出荷または売り渡される製造たばこと同一の税負担を求めるため、すでに流通段階にある製造たばこに対して、税率の引き上げ分に相当する課税を行います。

 製造たばこ(紙巻たばこ旧3級品)手持品課税の対象者
 平成30年4月1日午前0時において、紙巻たばこ3級品を販売のため合計5,000本以上所持する小売販売業者等。

  申告書の提出期限
  平成30年5月1日(火曜日)

  納期限
  平成30年10月1日(月曜日) 
 ※申告書の提出期限から納期限まで約5か月間ありますのでお忘れにならないようご注意ください。

 製造たばこ(紙巻たばこ旧3級品を除く)手持品課税の対象者
 
平成30年10月1日午前0時において、製造たばこを販売のため合計20,000本以上所持する小売販売業者等。
 
  申告書の提出期限
  平成30年10月31日(水曜日)
 
  納期限
  平成31年4月1日(月曜日)
 ※申告書の提出期限から納期限まで約5か月間ありますのでおわすれにならないようご注意ください。

 申告書の提出先
 
須賀川税務署(須賀川市東町135番1号)
 申告書は税務署で一括して受け付けるため、県や市に別途提出していただく必要はありません。
 なお、所轄税務署が遠方にあるなどの事情がある場合には、県や市に提出いただいても差し支えありません。