最終更新日2014年11月19日
写真 写真

須賀川牡丹園は、今から240余年前の明和3年(1766年)、当時、須賀川で薬種商を営んでいた伊藤祐倫が牡丹の根を薬用にするため、苗木を摂津国(現在の兵庫県宝塚市)から持ち帰り栽培したのが始まりです。

昭和7年に国の名勝に指定されています。 牡丹園として国の名勝に指定されているのは全国でも須賀川牡丹園だけです。

今では、東京ドームの3倍の広さを持つ10ヘクタールの園内に290種類、7,000株もの牡丹の大輪の花が咲き誇ります。 牡丹の見ごろは4月下旬から5月中旬です。

正面前に立つ牡丹姫像は、須賀川市と友好都市を結んでいる中国の洛陽市との牡丹を架け橋とする末永い交流のあかしとして、昭和62年に洛陽市王城公園の牡丹仙子像を模して建てられたものです。

有料開園期間

平成24年4月27日(金曜日)~5月31日(木曜日)

入園料

大人(高校生以上) 500円
子供(小・中学生) 200円

※ 開花状況により変動します。お問い合わせください。

団体割引

※ 大人・子供にかかわらず、15名様以上の団体の場合、2割引きで入園できます。

開園時間

午前8時30分から午後5時まで

連絡先

須賀川牡丹園保勝会
須賀川市牡丹園80-1 電話:0248-73-2422

須賀川牡丹園公式ホームページ

http://www.botan.or.jp/
地図 ぐるり須賀川地図 (須賀川牡丹園)