最終更新日2014年11月21日

毎年11月の第3土曜日、国指定名勝の須賀川牡丹園内において開催されます。 天寿を全うした牡丹の古木を供養する雅やかな行事で、歳時記の季語にもなっています。

牡丹焚火が始まると、焚き火の芳香があたり一面に漂い、炎の色が変化しながら最後まで焚き尽くされます。 当日は、全国各地から俳人が集まり、句会が開かれます。

牡丹焚火が「かおり風景100選」に認定!

平成13年10月30日、須賀川牡丹園の牡丹焚火が、環境省「かおり風景100選」に選ばれました。 かおり風景100選は、人々が訪れ心地よいと感じるかおりと、その源になる自然や文化の保全、創出に取り組んでいる地域の支援策の一環として制定されたものです。

環境省「かおり風景100選」