最終更新日2014年11月25日

共有、共感、共生へ
ともに歩む自治都市 すかがわ

 豊かな自然環境に恵まれた須賀川市は、東北縦貫自動車道、国道4号、東北本線、東北新幹線、水郡線が通り、首都圏や仙台圏へのアクセスが容易で、高速交通体系に恵まれたまちです。さらには県内唯一の空の玄関口「福島空港」を有し、これらの高速交通網の整備により、人・物・情報などあらゆる分野において交流が活発化して新たな文化を生み出すなど、「臨空都市」として大きく成長してきました。

 平成17年4月には近隣2町村と合併し、新たな一歩を踏み出しました。多様化する市民ニーズに対応できるよう、それぞれの地域が持つ個性や歴史、伝統文化、自然環境などの貴重な資源を生かした「市民との協働」によるまちづくりを目指しています。

 また、平成23年3月11日の東日本大震災では、須賀川市は甚大な被害を受け、尊い人命も失いました。今、須賀川市は、放射線による汚染という目に見えない災害と闘いながら、震災からの復旧・復興、さらなる発展に向け全力で取り組んでいます。



イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ