最終更新日2016年3月31日

国民健康保険の各種手続きにマイナンバーが必要になります

 平成28年1月1日から社会保障・税・災害対策分野でのマイナンバー(個人番号)の利用が始まります。
 国民健康保険の各種手続きにも、原則マイナンバーを記載することが必要になります。
 また、本人確認も厳格化されますので、各種手続きの際には、これまでの書類などに加え、以下のものをお持ちください。いずれのときも印章(認印)をお持ちください。

1 手続きの該当者と世帯主の個人番号が確認できる書類(次のいずれか一つ)

(1) 通知カード(各世帯に郵送された紙製のカード)

 通知カード(見本)


(2) マイナンバーカード(申請により平成28年1月以降発行される顔写真入のカード)

 個人番号カード(見本)
※ 通知カードが届いていないなど、個人番号がわからない場合は、事前にお問い合わせください。

2 窓口に来る人の本人確認ができる書類(次の(1)、(2)のいずれか)

(1) 官公署発行で顔写真のあるもの・・・1枚
  運転免許証
  マイナンバーカード
  住基カード
  パスポート
  運転経歴証明書
  身体障害者手帳  など

(2) 官公署等発行で顔写真のないもの・・・2枚
  公的医療保険の被保険者証(国保・介護・後期高齢・社保)
  年金手帳
  児童扶養手当証書
  住民票
  預金通帳 など 氏名、生年月日又は住所の記載のあるもの

3 代理の方が手続される場合

 別世帯の方が申請するときには、委任状をお持ちください。委任状を記載することができない場合には、本人の被保険者証など、上記2のいずれかをお持ちください。
※ 委任状様式は申請書様式ダウンロードページの「委任状(国保用)」にあります。

4 郵送で手続きされる場合

 上記1、2で該当する確認書類の写し(上記3に該当する場合は委任状等も必要です)を添付してください。