最終更新日2016年3月31日

 医療費の全額を支払った後、国保に申請することで、自己負担割合以外の保険適用分が支給されます。
 

申請に必要なもの(共通)

  1. 国民健康保険被保険者証
  2. 世帯主及び手続きの該当者の個人番号が確認できる書類 
  3. 窓口に来る人の本人確認ができる書類 
  4. 世帯主の預金通帳(特別療養費は現金支給のため原則不要)
  5. 印章

申請ができる期間

 診療日の翌日から2年間

療養費

やむを得ず医療機関に保険証を提示せず治療を受けたとき

  1. 診療内容の明細書(レセプト)
  2. 領収書

コルセット・ギブスなどの補装具を購入したとき

  1. 医師の診断書(意見書)
  2. 領収書

医師の同意または指示で、はり・きゅう・マッサージなどの施術を受けたり、骨折やねんざで保険診療を取り扱っていない接骨院で治療を受けたりしたとき

  1. 医師の同意書
  2. 領収書

社会保険等の資格喪失後に、社会保険等の保険証を提示し保険給付を受けた場合で、社会保険等に負担金を返還したとき

  1. 診療内容の明細書(レセプト)
  2. 社会保険等への返還金の領収書

高齢受給者証を提示せず、本来の自己負担額ではなく3割を支払った場合

  • 領収書

生血を輸血したとき

  1. 医師の診断書(意見書)
  2. 血液提供者の領収書
  3. 輸血用生血液受領証明書

海外渡航中に病気やけがの治療を受けたとき(治療目的の渡航は対象外です)

  1. パスポート
  2. 医師の診療内容明細書※1
  3. 領収明細書※2

※1、※2が外国語で作成されている場合は、日本語の翻訳文を添付


療養給付費

18歳未満の方が、県外で医療機関を受診した際法定給付割合(2割又は3割)を支払ったとき

  • 領収書

 

特別療養費

国民健康保険被保険者資格証明書が交付されている期間に、医療機関を受診し医療費の全額を支払ったとき

  • 領収書

 

申請場所

 保険年金課国保給付係、長沼・岩瀬市民サービスセンター

支給方法

 申請した月の2ヶ月後の下旬くらいに指定の口座に振り込みます。

※ 申請書は申請書様式ダウンロードページの「療養費支給申請書」、「特別療養費支給申請書」にあります。