最終更新日2016年2月2日

 須賀川市岩瀬学校給食センターは、平成27年12月15日(火曜日)に福島県教育委員会「いただきます。ふくしまさん」事業を白方小学校ほか2校で実施しました。
 本事業は、安全を確認した地場産物を学校給食に活用する取り組みに対して補助金が交付される事業です。事業では、児童に対し給食を活用した食育も行われます。 
 この日の献立は、麦ごはん、牛乳、いわしのごまみそ煮、白菜とにらのおひたし、けんちん汁で、白方小学校の6年生が食育の授業で、旬の食材や栄養バランスなどを考えながらたてたものでした。(福島県産の食材は13品目使用しました。)

 白方小学校では、8020ふれあい給食を開催し、80歳で20本以上の歯を保っている地域の高齢者が招待され、給食を試食しました。子ども達と高齢者は、日頃、歯の健康のために気をつけていることや好きな食べ物などについて会話をしながら、楽しく会食しました。
 給食後に学校栄養職員が、給食で使用されている食材が、体の中でどのような働きをするのか食育を行い、子ども達は自分の食生活を振り返りました。

<当日の給食>              


<8020ふれあい給食の様子>


<食育の様子>