最終更新日2016年4月25日
中学生ボランティアが普通入門コースに挑戦!! 

平成28年度の長沼公民館『中学生ボランティア養成研修会』の開講式と第1回目の活動を4月24日(日曜日)、長沼農村環境改善センター1階多目的ホールで開催しました。
 この研修会は、4月から12月まで全9回、長沼中学校の生徒が講義や実践活動を通して、ボランティアについて学ぶことを目的に開催し、今年度は70名が登録しました。
 オリエンテーションでは担当者が、研修会の目的や活動日程について説明しました。
 引き続き行われた第1回目の活動は、ボランティア活動を行ううえで必要な『救命救急』について学ぶ普通救命講習会です。研修生は、須賀川消防署長沼分署の署員から、胸骨圧迫、人工呼吸による具体的な心肺蘇生法の手順やAEDの取扱いについて指導を受けました。身近に起こり得る緊急事態に備え、真剣な表情で学んでいました。
詳しくは、「活動写真」をご覧ください。