最終更新日2018年10月5日
 総務省は、日本の住環境や土地利用などの実態を明らかにするため、「住宅・土地統計調査」を実施しています。この調査は、統計法に基づき、5年ごとに行われる重要な調査です。
 まだ回答がお済みでない世帯の皆さまには、調査への回答にご協力をお願いします。

調査日

平成30年10月1日現在

調査対象

市内約2,700世帯(住宅及びそこに居住している世帯)

※調査対象世帯は、市内で指定された調査地域の中から無作為に選定し回答をお願いしています。
 一戸建ての住宅だけでなく、アパート・マンションなどの共同住宅、工場や病院などの住宅以外で人が居住して
 いる建物も対象となります。

回答方法

どちらか選択できます
1.インターネットによる回答(10月8日までに回答してください)
2.紙の調査票による回答
 ア 郵送による提出(10月8日までに投かんしてください)
 イ 担当の統計調査員に提出(訪問した統計調査員に提出してください)

調査項目

1.現在住んでいる住居に関する事項
   居住室の数及び広さ、敷地面積、建物の構造・建て方 など
2.世帯に関する事項
   世帯の構成、通勤時間、現住居に入居した時期、家賃 など
3.現住居以外の住宅に関する事項
   所有の有無、空き家の所有状況、住宅の用途 など
4.現住居以外の土地に関する事項
   所有の有無、土地の利用状況、土地の種類 など

個人の情報は守られます!

調査票の回答内容は、「統計法」に基づき厳重に保護されます。
統計調査員や市などの調査関係者には、厳格な守秘義務が定められており、調査票は統計以外の目的には一切使われません。

関連リンク

総務省統計局ホームページ(外部サイトへリンク)
kunirinku

福島県統計課ホームページ(外部サイトへリンク)