最終更新日2019年2月12日
本市では福島県と協同で国指定名勝「須賀川の牡丹園」で活躍していただける「福島県地域おこし協力隊」を募集しています。

須賀川牡丹園は、明和3年(1766年)に薬種商の伊藤氏が、牡丹の苗木を摂津国山本村(現在の兵庫県宝塚市)から持ち帰って栽培したのが始まりです。昭和7年(1932年)に文部省より国の名勝として指定され、毎年4月下旬から5月中旬にかけて290種7000千株の牡丹が大輪の優雅な花を咲かせます。

牡丹

将来的に須賀川牡丹園の未来を担う人材の候補を「福島県地域おこし協力隊」として、下記のとおり募集しています。
なお、協力隊の活動は、将来的に後継者候補となるための知識や基礎的な技術の習得を行うとともに、地域を知り、環境に慣れるための期間です。
皆様からのご応募お待ちしております。

1 名称、採用に関する情報及び活動内容

(1)名称
   福島県地域おこし協力隊
(2)採用に関する情報

採用予定者数 

 勤務地

勤務箇所 

 活動期間

年齢要件 

 2名

 須賀川市

須賀川牡丹園 

 平成31年4月以降
※個別に相談応じます

 委嘱日現在で満20歳以上

 (3)活動内容

  • 牡丹樹の育成及び牡丹園内喬木(アカマツなど)の管理に関する基礎的な技術の習得
  • 国指定名勝「須賀川の牡丹園」に関する情報発信とPR(Web、イベントなど)の実施
  • 牡丹及び牡丹園を活用した独自商品の研究開発
  • 一年を通しての来園者数の拡大を目的とした新たな公開活用施策の立案

2 募集期間

平成31年2月7日(木曜日)~平成31年3月29日(金曜日)
※一定数の応募があった場合は、その都度選考を実施します。選考の結果、採用候補者が決定した場合は、その時点で募集を終了します。

3 申し込み先及び募集要項など

今回の申し込み先は、福島県企画調整部地域振興課となります。
募集要項など、詳しくは福島県ホームページでご確認ください。