最終更新日2019年11月6日

うつみね児童クラブ館が完成しました

 阿武隈小学校の敷地の一部に建設を進めてきた「うつみね児童クラブ館」が完成し、10月23日(水曜日)から利用を開始しています。

 これまでの児童クラブ館は、小学校から離れており、狭あいで老朽化が進んでいましたが、学校敷地内に移転したことにより、子ども達が登館する際の安全が確保されるとともに、安全・安心に様々な活動や交流ができる施設となっています。
 また、整備に当たっては、リース方式を採用した事が特徴です。これは、早急な施設整備が必要であったため、設計、積算、施工までを同一業者が一括して行うこととしたもので、プロポーザル方式により事業実施業者を決定し、5月に着手し10月に完成と短期間で利用を開始することができました。
うつみね児童クラブ館

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)評価について

 うつみね児童クラブ館は、市の施設では初めてとなるBELS(建設物省エネルギー性能表示制度)による評価を受けています。

 評価結果は、平成28年度基準の63%削減となり、5段階評価のうち最も高い評価(5つ星)となりました。

認証