最終更新日2020年2月10日

 令和元年10月に発生した台風第19号被害に対する国への要望活動を実施し、台風第19号被害からの一日も早い生活再建と産業分野の復旧・復興、防災・減災対策に向けた対応等について要望しました。

 なお、要望項目については、以下のとおりです。

要望書

令和元年台風第19号被害に対する国への要望書.pdf(1796KB)

  1 被災者生活支援について(内閣府)

  2 公共土木施設等の災害復旧事業等について(国土交通省、農林水産省)

  3 農林業の支援について(農林水産省)

  4 商工業への支援について(経済産業省)

  5 防災・減災対策の強化について(内閣府、内閣官房、総務省、国土交通省)

    ※( )は、要望内容の関係省庁

実施日

   令和2年2月6日(木曜日)

要望先

  経済産業大臣(宮本周司大臣政務官)、農林水産大臣(伊東良孝副大臣)、

  総務大臣(斎藤洋明大臣政務官)、国土交通大臣(佐々木 紀大臣政務官)、

  内閣府特命担当大臣(今井絵理子大臣政務官)

  ※( )は、対応者

国への要望

 宮本周司経済産業大臣政務官に要望書を手渡す五十嵐市議会議長、安藤副市長