第2回活用部会を開催しました【国史跡上人壇廃寺跡の保存と活用】

ページ番号1009869  更新日 令和3年10月12日

印刷大きな文字で印刷

上人壇廃寺跡の発掘調査を見学

上人壇廃寺跡発掘現場

令和3年8月3日、国史跡上人壇廃寺跡整備委員会第2回活用部会を開催しました。この日は上人壇廃寺跡と同様の性格をもつ史跡の公園化整備について学ぶため、下野薬師寺(栃木県下野市)等の視察を予定していましたが、感染症蔓延防止措置の発令があり、県外視察は急遽中止となりました。それに代えて、上人壇廃寺跡整備についての庁内ワーキンググループと合同で、7月から上人壇廃寺跡で行っている保存のための発掘調査現場を視察しました。

上人壇廃寺跡は昭和36年の東北本線複線化に伴って初めて発掘調査が行われ、昭和43年に国の史跡に指定されました。その後、寺院の建物配置やその時期などを明らかにし、保護をはかるための部分的な発掘調査が行われています。今回の調査は、寺院を区画する溝と主要な建物の規模を確認する目的で実施されました。

このページに関するお問い合わせ

文化交流部 文化振興課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
文化振興係 電話番号:0248-88-9172 ファクス番号:0248-94-4563
文化財係 電話番号:0248-94-2152 ファクス番号:0248-94-4563
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。