団子山古墳第9次発掘調査現地説明会を開催しました

ページ番号1001209  更新日 令和2年3月12日

印刷大きな文字で印刷

市指定史跡団子山古墳第9次発掘調査現地説明会を開催しました

市指定史跡団子山古墳の第9次発掘調査現地説明会を8月31日(土曜日)に行いました。当日は、31名の方に参加いただきました。
文化スポーツ部長のあいさつ、文化振興課職員によるこれまでの経緯の説明ののち、共同調査を実施している福島大学行政政策学類の菊地芳朗教授が本年度の成果の概要について、同大学学生が調査地点ごとの説明を行いました。

今年度の調査概要

本年度は古墳の後円部北東・南西部墳端(下端部)と後円部北西側の墳頂(上端部)の3か所の調査を実施しました。特に、後円部北西側の墳頂では円筒埴輪が列状に並んだ状態で出土しました。4世紀代(古墳時代前期)の古墳でこのような埴輪の列を確認したのは東北地方では初、東日本でも数例となる貴重な発見となりました。
詳しくは、添付ファイルをご覧ください。
なお、現地での調査は9月に終了予定で、その後、今年度の成果について発掘調査報告書にまとめる予定です。

写真:団子山古墳第9次発掘調査墳頂
墳頂部の説明風景
写真:団子山古墳第9次発掘調査北西トレンチ
北西側調査地点の説明風景

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

文化交流部 文化振興課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
文化振興係 電話番号:0248-88-9172 ファクス番号:0248-94-4563
文化財係 電話番号:0248-94-2152 ファクス番号:0248-94-4563
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。