須賀川市文化団体連絡協議会創立50周年記念式典開催

ページ番号1010105  更新日 令和3年12月13日

印刷大きな文字で印刷

須賀川市文化団体連絡協議会(以下協議会)の創立50周年を記念し、令和3年11月22日(月曜)須賀川市民交流センターtetteにおいて、記念式典を開催しました。

記念式典では、杉岡一郎会長の挨拶後、文化功労者と感謝状が贈呈されました。
続いて、橋本市長、高城福島県芸術文化団体連合会会長、五十嵐市議会議長、水野県議会議員から来賓祝辞、受賞者を代表し、阪路卓美さんが謝辞を述べました。

文化功労者10名と感謝状6名は次のとおりです。

 

文化功労者

  1. 君島主一様(須賀川美術協会)
    永年にわたり協議会と須賀川美術協会の役員を務め、会の運営に貢献されました。
    須賀川美術協会展を通して青少年の表現者の育成に努めるなど、市の美術文化の継承発展に貢献されました。
  2. 阪路卓美様(須賀川川柳会)
    永年にわたり須賀川川柳会の役員を務め、会の運営に貢献されました。
    川柳作句に研鑽を積み、現代川柳の探求に努め、リーダーとして活動するなど、市の川柳文化向上に功績を残しました。
  3. 藤陰篤史様(須賀川舞踊協会)
    永年にわたり須賀川舞踊協会の役員を務め、会の運営に貢献されました。
    施設のボランティア活動や流派を問わない後進の育成に努めるなど、市の舞踊文化向上に功績を残しました。
  4. 関根恒子様(須賀川合同民謡会)
    永年にわたり須賀川合同民謡会の役員を務め、会の運営に貢献されました。
    市民盆踊り大会では歌い手の中心となるほか、後進の育成に努めるなど、本市の民謡文化向上に功績を残しました。
  5. 阪路尚枝様(須賀川音楽協会)
    永年にわたり須賀川音楽協会の役員を務め、会の運営に貢献されました。
    会主催のコンサート等の中心となるほか、後進の育成に努めるなど、市の音楽文化向上に功績を残しました。
  6. 中原かおり様(須賀川三曲会)
    永年にわたり協議会と須賀川三曲会の役員を務め、会の運営に貢献されました。
    文化祭「箏と尺八のつどい」の取りまとめのほか、後進の育成に努めるなど、市の箏曲会及び尺八会の向上普及を通じて邦楽文化の発展に功績を残しました。
  7. 佐藤寛子様(須賀川吟詠同好会)
    永年にわたり指導者として後進の育成に努めるなど、本市の吟詠文化の発展に功績を残しました。
    また、平成15年度に続いて、2度目の受賞となりました。
  8. 深谷榮子様(桔槹吟社)
    永年にわたり指導者として市内各小学校や「夏休み俳句教室」等で児童への俳句指導にあたり、児童らに俳句文化に親しむ機会を広く提供するなど、市の俳句文化の隆盛に功績を残しました。
  9. 中山郁子様(須賀川混声合唱団)
    永年にわたり指導者として県内の高校で吹奏楽や合唱の指導にあたり、優れた人材を育ててきました。
    平成26年には県南混声合唱連盟を立ち上げ、他市町の混声合唱団と合唱祭で交流し、互いの技術の向上の機会づくりに尽力するなど、市の文化活動に功績を残しました。
  10. 古畑ハツ子様(須賀川短歌会)
    入会以来、歌誌「峠」への投稿や毎月の歌会に積極的に参加するなど歌への前向きな取り組みは会員の模範となり、市の文化活動に功績を残しました。

感謝状

平成23年から令和2年の協議会役員に感謝状を贈呈しました。

  1. 横山昌皐様(前副会長)
  2. 金子健太郎様(前常任理事)
  3. 君島主一様(前常任理事)
  4. 二瓶修様(元常任理事)
  5. 和田澄子様(元常任理事)
  6. 久保英機様(元常任理事)
写真:文化功労者の集合写真
記念式典の様子

このページに関するお問い合わせ

文化交流部 文化振興課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
文化振興係 電話番号:0248-88-9172 ファクス番号:0248-94-4563
文化財係 電話番号:0248-94-2152 ファクス番号:0248-94-4563
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。