テーマ展講演会 古文書からわかる須賀川の歴史「水とともに生きる百姓と村ー堀込村・廣田家文書を中心にー」

ページ番号1009212  更新日 令和3年7月17日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術

開催日

令和3年8月7日(土曜日)

開催時間

午前10時30分 から 正午 まで

開催場所

須賀川市立博物館

対象

一般の方

内容

堀込村(現在の長沼地区)は集落の北が簀ノ子川、南が江花川にはさまれた土地で、豊富な川の水を水田や水車など農業用水として用いていました。一方で洪水対策や水に関する近隣との争いがたえず、百姓たちの悩みの種でした。今回は、テーマ展に関連する、堀込村の名主だった廣田家に伝わる古文書の分析からわかった「水とともに生きる百姓と村」題した講演会を開催します。

申込み

必要

申し込みは7月20日(火曜日)から電話等にて受付します。

博物館(75-3239)にご連絡ください。

 

費用

一部必要

募集人数
30名
参加資格
なし
講師
野本禎司氏(東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門 助教)
主催
須賀川市立博物館
持ち物
特になし
問い合わせ
須賀川市立博物館(75-3239)

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

市立博物館
〒962-0843 須賀川市池上町6
電話番号:0248-75-3239
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。