2021年8月1日 「夏休みこども防災体験」開催報告

ページ番号1009490  更新日 令和3年9月16日

印刷大きな文字で印刷

須賀川市立博物館は昭和45年(1970)年8月1日に開館した福島県内で初の公立博物館になります。

おかげさまで、開館から51年目を迎えることができました。

51年目の開館記念日は開催中の企画展「乗り越える 災害と須賀川」に関連した、「夏休みこども防災体験スタンプラリー」を博物館で開催しました。

当日は須賀川消防署のご協力をいただき、水消火器による消火体験や防火衣の着装、119番通報の訓練、消防車の説明などのスタンプラリーを行いました。

特に、水消火器体験は水入りのペットボトルを消火器の水で倒すのがなかなか大変で、お子さんはもちろん、大人の方の奮闘していました。

今回の体験が防災に役立てていただければ幸いです。

お忙しい中、ご協力いただきました須賀川消防署員の方々、参加された皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

水消火器
水消火器体験(がんばれ~)
防火衣
防火衣体験(かっこいい!)
119番
119番通報体験(おちついて、状況を説明・・)
住宅用火災警報器
住宅用火災警報器の説明(みなさんのお宅にもありますか?)
消防車
消防車の展示(装備がすごい!)
景品
体験終了後の記念品(いいなあ・・)

このページに関するお問い合わせ

市立博物館
〒962-0843 須賀川市池上町6
電話番号:0248-75-3239
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。