中央図書館の概要と行事

ページ番号1001318  更新日 令和2年3月31日

印刷大きな文字で印刷

子ども読み聞かせ会

  • 日時 毎月第2・第4土曜日 午後2時から
  • 対象 幼児から大人
  • 場所 tette2階こどもライブラリー内 おはなしスペース
  • 内容 ボランティア「読み聞かせの会 ポケット」による絵本や紙芝居、エプロンシアターなど

おひざにだっこのおはなし広場

  • 日時 毎月第3水曜日 午前11時から
  • 対象 乳幼児と保護者
  • 場所 tette2階こどもライブラリー内 おはなしスペース
  • 内容 ボランティア「ラ・ポム」による絵本の読み聞かせや紹介、てあそび、わらべうたなど

親子ふれあいブックスタート

  • 日時 年15回
  • 対象 3・4か月乳幼児健診受診者
  • 場所 市保健センター

ボランティアとの連携

書架の整理、読み聞かせ会やブックスタートなどにおいて、ボランティアとの連携を図ります。

ボランティア写真

図書館と地域との交流

市図書館と地域(学校・幼稚園など)との交流を図ります。中学校・高校の職場体験学習の受け入れを行います。

図書館見学写真

郷土資料の収集と保存

須賀川市及び福島県関係の資料を収集し、保存に努めます。
「矢部文庫」の保存と利用推進を図ります。


資料展示写真

「矢部文庫」とは

  • 須賀川俳壇の重鎮・矢部保太郎(明治15年から昭和39年)氏が収集した江戸期俳諧書コレクションで、昭和55年に須賀川市図書館に寄贈された。
  • 平成5年蔵書目録を作成。平成13年デジタルデータ化に着手。平成16年須賀川市指定文化財に登録され、平成17年CD-ROMによる閲覧を開始した。
  • 矢部氏は榾郎の俳号を持ち、須賀川市の俳諧の隆盛を担ったほか、古俳句研究に情熱を注ぎ、生涯をかけてこれらの俳句版本の収集と書写に力を尽くした。
  • コレクションの中心である文化・文政年間の作品を中心とする版本と、矢部氏の手による写本は合わせて710冊あり、そのほか俳句関係書籍を含めて全部で1096冊の資料で構成されている。

矢部文庫の写真

アクセス

住所:須賀川市中町4-1 須賀川市民交流センター tette(テッテ)内

このページに関するお問い合わせ

中央図書館
〒962-0845 須賀川市中町4-1
電話番号:0248-75-3309 ファクス番号:0248-75-4014
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。