「幸吉賞」の表彰

ページ番号1006943  更新日 令和3年1月6日

印刷大きな文字で印刷

第1号の受賞者に賞状と記念品を贈呈

幸吉賞トロフィー

郷土の英雄「円谷幸吉選手」の功績を後世に伝えるとともに、スポーツの振興と競技力の向上に寄与するため、スポーツの国際大会で入賞した選手に対し、「幸吉賞」を授与する制度を令和2年度に創設しました。

※表彰式について、令和3年1月5日に予定していましたが、コロナ禍のためやむを得ず中止し、お二人には橋本市長が電話で祝意を表し、賞状と記念品は郵送いたしました。

受賞者

記念すべき第1号となる受賞者は次の通りです。

相澤晃選手

相澤晃選手

長沼中出身・旭化成所属
2019年第30回ユニバーシアード競技大会 男子ハーフマラソン 金メダル

プロフィール
1997年7月生まれ。中学時代は「円谷ランナーズ」に所属し、「ふくしま駅伝」須賀川市チームで活躍。学法石川高校から東洋大学へと進学し、令和2年の「箱根駅伝」では、2区で驚異的な区間新記録(当時)で大会MVPを獲得した。令和2年12月の日本陸上競技選手権大会10000mで、日本新記録で優勝。東京2020オリンピックの代表に内定した。

喜びの声
この度は幸吉賞という名誉ある賞を頂き、とても光栄に思っています。
円谷幸吉選手は1964年の東京オリンピックに24歳で出場しています。
私自身、令和3年には同じく24歳になる歳ですので、円谷幸吉2世になれるように東京オリンピックまで準備したいと思います。
これからも、須賀川市民の皆様に勇気や感動を与えられるように頑張ります。

阿部弘輝選手

阿部弘輝選手

仁井田中出身・住友電工所属
2019年第30回ユニバーシアード競技大会 男子10000m 銀メダル

プロフィール
1997年11月生まれ。中学時代は「円谷ランナーズ」に所属し、「ふくしま駅伝」須賀川市チームで活躍。学法石川高校から明治大学へと進学し、令和2年の「箱根駅伝」では、7区区間新記録の力強い走りを見せた。令和2年11月の関西実業団駅伝では、持ち前のスピードを発揮し、4区の区間新記録をマークした。

喜びの声
この度、幸吉賞を受賞でき大変嬉しく思っています。
円谷幸吉さんのように世界で活躍できる選手を目指していますが、まだまだ実力が足りていません。
心技体ともトップレベルの選手に引き上げられよう精進していきたいと思います。円谷さんの「忍耐」という言葉を胸に諦めず努力して参ります。
これからも、応援よろしくお願いします。

 

橋本市長が電話でお祝い

祝意を述べる橋下市長

電話で贈呈の報告

このページに関するお問い合わせ

文化交流部 生涯学習スポーツ課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
生涯学習係 電話番号:0248-88-9171 ファクス番号:0248-94-4563
スポーツ振興係 電話番号:0248-88-9174 ファクス番号:0248-94-4563
少年センター 電話番号:0248-88-9173 ファクス番号:0248-94-4563
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。