感染防止のための手洗いのポイント

ページ番号1005752  更新日 令和2年10月14日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染防止のためには、手洗いがとても大切。しかし、洗っているようで、洗えていないことも多いようです。洗い残しの多い部分を知って、きちんと「洗えている手洗い」を習得しましょう。

手洗いのポイントを紹介します。

(1)帰宅時や食事の前後、せきやくしゃみをおさえた時などのタイミングで、手を洗いましょう

(2)石けんをつけ、30秒以上かけてしっかり洗い、流水でよく流しましょう(手のしわ、爪の間、指の付け根、親指、手首の洗い残しに注意)

(3)手を洗ったあとは、ペーパータオルやハンカチでしっかり水気をふき取りましょう

洗い残しのない手洗いを!

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 健康づくり課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
予防係 電話番号:0248-88-8122 ファクス番号:0248-94-4562
保健指導係 電話番号:0248-88-8123 ファクス番号:0248-94-4562
地域医療係 電話番号:0248-88-8125 ファクス番号:0248-94-4562
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。