新しい生活様式における熱中症予防

ページ番号1011684  更新日 令和4年6月23日

印刷大きな文字で印刷

マスクを着けると、体に熱がこもりやすくなる・のどの渇きを感じづらくなるなど、熱中症のリスクが高まります。

熱中症予防のポイント

  • 屋外ではマスク着用により、熱中症のリスクがいっそう高まります。運動時はマスクをはずし、近距離(2m以内を目安)で会話する時はマスクを着けるようにしましょう。
  • 涼しい服装を心がけ、日傘や帽子を活用しましょう。
  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。
  • エアコン使用中も、こまめに換気をしましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 健康づくり課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
予防係 電話番号:0248-88-8122 ファクス番号:0248-94-4562
保健指導係 電話番号:0248-88-8123 ファクス番号:0248-94-4562
地域医療係 電話番号:0248-88-8125 ファクス番号:0248-94-4562
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。