新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付

ページ番号1009877  更新日 令和3年10月14日

印刷大きな文字で印刷

ワクチンパスポートとは

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は、海外の渡航先への入国時に、相手国が防疫措置の緩和等を判断するうえで活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するもので、接種者からの申請に基づき交付するものです。渡航以外の目的での公的な証明書としての効力はありません。

当面の間は、書面による交付となります。

ワクチンパスポートの記載事項

ワクチンパスポートには、ワクチンの接種記録(ワクチンの種類、接種年月日など)と、接種者に関する事項(氏名、生年月日、旅券番号など)が記載されています。海外渡航時に利用できるよう、日本語と英語で表記してあり、偽造防止対策を行っています。

交付対象者

以下の2つの条件にいずれにも当てはまる方

  1. 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、接種券を使用した通常接種等)を受けたこと。
  2. 海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による貿易措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

国外で接種を受けた方(予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象となりません。

申請先

接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)

接種を受けた市町村ではありませんのでご注意ください。

申請の際に必要なもの

窓口で申請する場合

  1. ワクチンパスポート申請書
  2. 海外渡航時に有効なパスポート
  3. 接種済証または接種記録書

郵送で申請する場合

  1. ワクチンパスポート申請書
  2. 海外渡航時に有効なパスポートの写し(旅券番号、氏名、有効期限が確認できるページ)
  3. 接種済証または接種記録書の写し
  4. 住民票上の住所の記載がある本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証)
    注:基本的に返送先の住所は、住民票上の住所地になります。
  5. 申請者の所在(送付先)が確認できる書類等の写し(施設入所の契約書等)
    注:郵送での送付を希望される際に、返送先が住民票上の住所地と異なる場合に必要です。
  6. 返信用封筒(返送先の記載と必要料金分の切手(84円)をはったもの)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 健康づくり課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
予防係 電話番号:0248-88-8122 ファクス番号:0248-94-4562
保健指導係 電話番号:0248-88-8123 ファクス番号:0248-94-4562
地域医療係 電話番号:0248-88-8125 ファクス番号:0248-94-4562
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。