新型コロナウイルスワクチンの接種誤りの発生

ページ番号1010937  更新日 令和4年4月8日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルスワクチン接種において、保管期間を越えたワクチンを接種した事案が発生しましたので、お知らせいたします

 

市内医療機関1施設において、保管期間を越えたワクチンを接種した事案が確認されました。
今後、当該医療機関において被接種者に対する経過観察を実施し、抗体検査を行うことといたします。

 

概要

令和4年4月8日 当該医療機関から保管期間を越えて接種したとの報告あり。

医療機関での保管期間は冷蔵状態で31日間でありますが、3月1日に市から配送されたワクチンを、4月5日に6人に接種しました。
当該医療機関では、ワクチンの期限が「冷凍状態」で3カ月延長されたことを、「冷蔵状態」でも3カ月延長されたと誤認し、接種に使用したとのことです。

今後の対応

被接種者6人については、当該医療機関から個別に連絡し経過観察を行うとともに、抗体検査を実施する予定となっております。
なお、現在6人の方につきましては、健康状態への影響があったものと認められる事案はありません。

当該医療機関に対し、厳重注意を行い、ワクチン接種を行う各医療機関にもワクチンの適切な保管について改めて周知いたします。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 健康づくり課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
予防係 電話番号:0248-88-8122 ファクス番号:0248-94-4562
保健指導係 電話番号:0248-88-8123 ファクス番号:0248-94-4562
地域医療係 電話番号:0248-88-8125 ファクス番号:0248-94-4562
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。