一部損壊住宅修理支援制度(令和4年福島県沖を震源とする地震)

ページ番号1011014  更新日 令和4年7月22日

印刷大きな文字で印刷

申込受付を令和4年11月30日(水曜日)まで延長しました。(令和4年4月28日時点)

制度の概要

令和4年福島県沖を震源とする地震により、住宅に被害を受けた世帯のうち、準半壊に至らない(一部損壊)世帯に対し、日常生活に必要不可欠な最小限度の部分について、20万円以上の修理を行った場合に、一世帯当たり10万円を支給する制度です。

対象となる方(世帯)

次の全ての要件を満たす方(世帯)が対象となります。

  1. 一部損壊のり災証明書が交付された世帯
  2. 20万円以上の「対象となる修理」を実施し、修理及び修理費の支払いが完了した世帯
  3. 自らの資力では修理できないと認められる世帯

:自らの資力では修理をすることができない世帯については、市において、「資力に関する申出書」を基に、その被災者の資力を把握し、ある程度資力がある場合は、ローン等の個別事情を勘案して判断します。

対象となる修理

修理の対象となる範囲は、日常生活に必要不可欠な最小限度の部分です。

(例)

  1. 屋根、柱、梁、床、外壁等の基本部分
  2. 玄関、サッシ等の開口部
  3. 上下水道、電気、ガス等の配管、配線
  4. 便器、浴槽等の衛生設備

修理対象外の工事(内容により、申請できない場合があります)

(例)

  • 災害により被害を受けていない部分
  • 外壁や基礎等のクラック(ひび割れ)クラックから雨水が入り込み、構造体が腐朽する恐れがある場合は対象)
  • 内壁のクロスや石膏ボード、土壁(間柱や筋交い等、構造上主要な部分の修理と併せて修理する場合は、その部分に限り対象)
  • 便器の洗浄機能(ウォシュレット)
  • 家電製品(独立式ガスコンロ、食洗器、エアコン等

 

補助額

1世帯当たり、10万円

:市が申請者にお支払いします。

申請書類

  1. 補助金支給申請書
  2. 資力に関する申出書
  3. 一部損壊住宅修理支援事業にかかる所有者の同意書(借家の場合)
  4. 所有者の所得証明書(借家の場合)

添付書類

  1. 本市が発行する、り災証明書
  2. 修理を実施したことを確認できる書類(契約書と領収書、または見積書と領収書など、金額と修理箇所の内訳が記載されたもの)
  3. 施工前・施行中・施工後写真(写真がない場合は、施工内容証明書)
  4. 振込口座番号と名義が分かる部分の通帳の写し

申請方法

添付書類をお持ちになり、受付窓口で申請してください。

申請書類は受付窓口にもあります。

修理対象の判断については、その写真をお持ちのうえ、申請前に建築住宅課にご相談ください。

申請場所

須賀川市役所 2階 建築住宅課

申請受付

申込申請:令和4年11月30日(水曜日)まで

 ※ただし、延長する場合がありますので、お問い合わせください。

補助金のお支払い

市で申請内容を審査し、対象となる修理内容である等、補助金を支給すべきと認めた場合に、口座振込により申請者の方にお支払いします。

お問い合わせ先

須賀川市八幡町135番地
須賀川市建築住宅課指導企画係(2階北側)

電話 0248-88-9151

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築住宅課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
建築係 電話番号:0248-88-9150 ファクス番号:0248-73-4205
指導企画係 電話番号:0248-88-9151 ファクス番号:0248-73-4205
市営住宅係 電話番号:0248-88-9152 ファクス番号:0248-73-4205
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。