市の債権の分類

ページ番号1005144  更新日 令和2年4月17日

印刷大きな文字で印刷

市の債権の分類について説明します。

市の債権の分類

市の債権は、地方自治法第240条第1項に定められており、それぞれの発生原因により市税および公債権、私債権に大きく分類されます。

この種類ごとに、時効や滞納がある場合の債権回収方法などが異なります。

このうち公債権と私債権を説明します。

公債権

市(行政庁)の処分(公法上の原因)により発生する債権です。

公債権はさらに強制徴収公債権と非強制徴収公債権の2つに分類されます。

強制徴収公債権

強制徴収公債権は、地方税の滞納処分(給与、預貯金、不動産等の差押など)の例により強制徴収できる債権で、強制徴収に裁判上の手続は不要です。

非強制徴収公債権

非強制徴収公債権は、強制徴収には裁判上の手続(支払督促、訴えの提起など)が必要です。

私債権

当事者間の合意に基づく契約や特定の事実に基づく不当利得等(私法上の原因)により発生する債権です。

私債権は、非強制徴収公債権と同様に強制徴収には裁判上の手続が必要です。

公債権と私債権の違い

公債権と私債権の違い

債権種別

強制徴収公債権

非強制徴収公債権

私債権

発生

公法上の原因

(市(行政庁)の処分)

私法上の原因

(契約、不当利得等)

不服申し立て

不可

督促

時効中断

時効中断

滞納により発生

延滞金(地方自治法に基づく)

遅延損害金(民法に基づく)

回収方法

滞納処分

(地方税法)

支払督促、訴えの提起など

(裁判上の手続)

時効

権利行使ができる時から5年

(個別法によって2年)

権利行使ができることを知った時から5年

権利行使ができる時から10年

時効の援用

不要

 

必要

(時効の利益を受ける意思表示が必要)

 

このページに関するお問い合わせ

財務部 収納課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
収納管理係 電話番号:0248-88-9126 ファクス番号:0248-94-4564
滞納整理係 電話番号:0248-88-9127 ファクス番号:0248-94-4564
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。