危機関連保証制度

ページ番号1005104  更新日 令和3年7月19日

印刷大きな文字で印刷

危機関連保証制度とは、新型コロナウイルス感染症の被害を受けた中小企業者の資金繰りを支援するため、信用保証協会の保証限度額について、別枠化を行う制度です。

手続きの流れ

対象事由に該当する中小企業者は、認定申請書2通を市(商工課)に提出し、認定を受け、希望の金融機関または信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付融資を申し込むことになります。

対象者

コロナウイルス感染症の影響により、原則として最近1か月の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつその後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれること。

融資限度額

一般保証限度額

普通保証 2億円以内

無担保保証 8000万円以内

別枠保証限度額

普通保証 2億円以内

無担保保証 8000万円以内

 

指定期間(指定期間内に融資実行する必要があります)

指定期間は、令和2年2月1日から令和3年12月31日までです。

提出書類

  • 認定申請書 2通(2通のうち1通はコピー可)
  • 法人の場合、履歴事項全部証明書の写し(個人の場合、確定申告書の写し)
  • 最近1か月の売上高及び前年同月とその後2か月の売上高等が確認できる試算表など

その他

詳細については、中小企業庁のホームページをご覧ください。

制度概要・申請書

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境部 商工課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
企業振興係 電話番号:0248-88-9142 ファクス番号:0248-72-9845
商業労政係 電話番号:0248-88-9143 ファクス番号:0248-72-9845
にぎわい創出係 電話番号:0248-88-9141 ファクス番号:0248-72-9845
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。