市政の歩み

ページ番号1002500  更新日 令和2年12月8日

印刷大きな文字で印刷

写真:須賀川市の街並み

写真:離陸する飛行機

誕生期

昭和29年(1954)
  • 3月 岩瀬郡須賀川町・浜田村・西袋村・稲田村と石川郡小塩江村の一町四村が合併 須賀川市誕生(3月31日)。岩瀬郡長沼町と桙衝村が合併し、新長沼町が誕生(3月31日)
  • 4月 初代市長に岡部宗城氏当選
  • 5月 市歌発表
  • 6月 市章制定
昭和30年(1955)
  • 3月 岩瀬郡仁井田村が須賀川市に合併。岩瀬郡白方村と白江村が合併し岩瀬村誕生(3月31日)
昭和31年(1956)
  • 4月 須三中開校。澤田三郎氏市長初当選
昭和32年(1957)
  • 1月 公益財団法人 須賀川牡丹園保勝会設立
  • 5月 国道4号開通
昭和33年(1958)
  • 4月 第三保育所開設
昭和34年(1959)
  • 10月 五老山・南舘・保土原舘・妙見山の周辺を含め「翠ヶ丘公園」と改称
昭和35年(1960)
  • 4月 澤田三郎氏市長当選(2期目)
昭和36年(1961)
  • 6月 山寺北団地に4階建ての市営住宅を建設
昭和37年(1962)
  • 8月 体育館新築落成
  • 9月 中部地区土地区画整理事業に着手
昭和38年(1963)
  • 1月 宇津峰大橋完成

展開期

昭和39年(1964)
  • 4月 鈴木貞夫氏市長初当選
  • 10月 円谷幸吉選手(大町出身)が東京オリンピックのマラソンで銅メダル 市制10周年記念式典
昭和40年(1965)
  • 2月 須賀川地方衛生処理組合の「し尿処理場」操業開始
  • 3月 稲田小新築落成
昭和41年(1966)
  • 8月 須賀川地方のキュウリ出荷全国一を達成
  • 11月 仁井田中新築落成
昭和42年(1967)
  • 2月 石川郡大東村が須賀川市に合併 須賀川地方衛生処理組合の「ゴミ焼却施設」完成
昭和43年(1968)
  • 1月 大森小新築落成
  • 4月 鈴木貞夫氏市長当選(2期目)
  • 5月 上人壇廃寺跡が国の史跡に指定
昭和44年(1969)
  • 4月 川東小と雨田小の統合により大東小創立
  • 7月 老人憩の家新築落成
  • 10月 市庁舎新築落成
昭和45年(1970)
  • 3月 大東小新築落成
  • 5月 昭和天皇皇后両陛下、行幸啓で牡丹園や市役所などをご訪問
  • 8月 県内初、市立博物館開設
昭和46年(1971)
  • 3月 市の総合計画基本構想を策定 国道118号開通
  • 4月 牡丹台野球場完成 江持小新築落成(昭和47年4月阿武隈小と改称)
  • 11月 西川土地区画整理事業に着手
昭和47年(1972)
  • 3月 中央公民館新築落成
  • 4月 澤田三郎氏市長当選(通算3期目)
  • 5月 牡丹台庭球場完成
昭和48年(1973)
  • 3月 中部地区土地区画整理事業が完了 図書館・牡丹台体育センター新築落成
  • 4月 須賀川地方広域消防組合発足
  • 11月 東北縦貫自動車道白河・郡山間開通

成長期

昭和49年(1974)
  • 2月 稲田公民館新築落成
  • 3月 うつみ保育園・ぼたん児童館開設
  • 11月 市制20周年記念式典
昭和50年(1975)
  • 2月 小塩江公民館新築落成
  • 3月 横山土地区画整理事業に着手
  • 9月 財団法人坂本鉄蔵育英会創立 坂本鉄蔵氏を本市初の名誉市民に推載
昭和51年(1976)
  • 4月 澤田三郎氏市長当選(通算4期目) 仁井田公民館新築落成
  • 6月 牡丹台水泳場完成
昭和52年(1977)
  • 4月 広域消防本部と須賀川消防署が丸田町地内の新庁舎に移転 西一小新築落成
  • 6月 西袋公民館新築落成
  • 10月 優良都市として自治大臣賞を受賞
  • 11月 休日夜間急病診療所開設
昭和53年(1978)
  • 3月 墓地公園に302区画の墓地完成
  • 11月 都市総合交通規制を実施
昭和54年(1979)
  • 6月 東公民館新築落成
  • 7月 勤労青少年ホーム・武道館開設
昭和55年(1980)
  • 4月 澤田三郎氏市長当選(通算5期目)
  • 11月 歴史民俗資料館開設
昭和56年(1981)
  • 3月 市の第二次総合計画を策定
  • 4月 須賀川卸センター完成
  • 5月 文化センター新築落成 市民憲章・市の木「赤松」・市の花「牡丹」を制定
  • 8月 老人福祉センター新築落成
昭和57年(1982)
  • 2月 福島空港建設地が「須賀川東」に決定
  • 4月 柏城小新築開校 労働福祉会館新築落成 上水道の第3次拡張事業に着手
  • 6月 東北新幹線大宮・盛岡間開業
昭和58年(1983)
  • 4月 市民温泉新築落成 並木町運動場開設
  • 6月 須賀川駅前土地区画整理事業に着手
  • 7月 市民の森開設
  • 8月 斎場新築落成

発展期

昭和59年(1984)
  • 3月 市制30周年記念式典
  • 4月 高木博氏市長初当選
  • 7月 須一中新築落成 山寺土地区画整理事業に着手
  • 10月 釈迦堂川河畔に市制30周年記念の桜283本を植樹
昭和60年(1985)
  • 4月 市役所前に「市民の庭」完成 俳句ポストを市内20か所に設置
  • 9月 澤田悌氏を本市2人目の名誉市民に推戴
昭和61年(1986)
  • 3月 稲田中新築落成 須一中体育館完成
  • 4月 保健センター開設
  • 6月 須二中新築落成
  • 8月 8.5水害で16億円の被害
  • 9月 福島空港の設置許可
  • 11月 福島空港整備を組み入れた第5次空港整備五箇年計画が閣議決定
  • 12月 テクノポリス地域の指定
昭和62年(1987)
  • 2月 西袋中新築落成
  • 4月 「明るい長寿社会を築く市民基金」創設 牡丹園に日木庭園と牡丹姫像が完成 翠ヶ丘公園に翠滝とせせらぎ広場が完成
  • 10月 水道資料館開設
  • 11月 和田池住宅地区改良6か年事業により13棟126戸完成
  • 12月 諏訪町土地区画整理事業に着手
昭和63年(1988)
  • 4月 高木博氏市長当選(2期目) 大東公民館新築落成 県立清陵情報高校開校
  • 9月 福島空港の起工式
平成元年(1989)
  • 3月 仁井田小新築落成
  • 4月 芭蕉記念館・産業会館開設
  • 7月 和田池市営住宅が建設大臣表彰を受賞 翠ヶ丘公園が「日本の都市公園百選」に選定
  • 11月 中宿橋完成 松明太鼓創作 財団法人須賀川市都市振興公社設立
平成2年(1990)
  • 1月 新時代の「空」をイメージしたスカイブルーの市旗を制定
  • 2月 仁井田小体育館完成
  • 3月 ふれあいセンター完成 大森小・仁井田小のプール完成 須賀川地方保健環境組合の「ゴミ処理施設」完成
  • 4月 乙字ヶ滝が「日本の滝百選」に選定。
  • 11月 須賀川物産振興協会設立
平成3年(1991)
  • 3月 市の新総合計画2000を策定 頭脳立地法の地域指定が承認
  • 8月 須三中新築落成
  • 10月 須賀川駅の新駅舎開業
  • 11月 滑走路2,500m化を組み入れた第6次空港整備5箇年計画が閣議決定 翠ヶ丘公園に万葉歌碑60基が完成
平成4年(1992)
  • 3月 市内の5農協合併により「すかがわ農協」発足 大東地域体育館完成
  • 4月 高木博氏市長当選(3期目) コミュニティプラザ開設
  • 7月 釈迦堂川憩いの河畔が「手づくり郷土賞」に認定
  • 8月 下宿土地区画整理事業に着手
  • 10月 下水道供用開始
  • 11月 デイサービスセンター開設
平成5年(1993)
  • 3月 福島空港が開港 須三中プール完成 西袋・仁井田・小塩江地域体育館完成
  • 7月 翠ヶ丘公園万葉の径が「手づくり郷土賞」に認定
  • 8月 中国洛陽市と友好都市締結
  • 10月 兵庫県宝塚市へ約230年振りに牡丹が里帰り

飛躍期

平成6年(1994)
  • 2月 駅前自転車等駐車場開設
  • 3月 須賀川アリーナ完成 稲田・浜田地域体育館完成 市制40周年記念式典 市の鳥「カワセミ」・市のマスコットキャラクター「ボータン」を制定
  • 4月 「花と緑のまちづくり基金」創設
  • 5月 市民スポーツ広場開設
  • 6月 函館五稜郭に牡丹を植樹
  • 11月 市民スポーツ広場に市制40周年記念の桜125本を植樹
平成7年(1995)
  • 1月 上水道の第4次拡張事業に本格着手
  • 3月 市民スポーツ会館完成
  • 4月 フラワーセンター開設
  • 6月 滑走路2,500m化事業の運輸大臣許可
  • 8月 テクニカルリサーチガーデン整備計画地がうつくしま未来博の会場地に決定
  • 10月 ふくしま国体秋季大会の卓球・銃剣道競技会を開催(天皇皇后両陛下ご観覧)
  • 11月 滑走路2,500m化事業の起工式
平成8年(1996)
  • 2月 北部都市整備事業の工事に着手 日本一のキュウリ選果場完成
  • 3月 須賀川地方の5農協合併により「JAすかがわ岩瀬」発足 須賀川地方保健環境組合の「し尿処理施設」完成
  • 4月 高木博氏市長当選(4期目)
  • 6月 高木市長逝去
  • 8月 相楽新平氏市長初当選
  • 10月 牡丹園発祥230年を記念し「宝塚市で牡丹」「本市でヤマボウシ」を植樹
  • 12月 滑走路3,000m級化を組み入れた第7次空港整備五筒年計画が閣議決定
平成9年(1997)
  • 3月 第二保育所新築落成
  • 6月 小塩江中新築落成
  • 8月 中国との国際定期路線開設合意
  • 10月 空港東側アクセス道路全線開通
平成10年(1998)
  • 4月 市民提案制度開設 中心商店街の街路整備落成 宮の杜ニュータウン落成
  • 8月 テクニカルリサーチガーデン・メイン進入路の起工式 月末豪雨災害で20億円余りの被害
  • 10月 情報公開制度開設 テクニカルリサーチガーデン整備事業の起工式
  • 12月 2,500m滑走路供用開始
平成11年(1999)
  • 1月 韓国との国際定期路線開設合意
  • 2月 「すかがわ男女共同参画プラン21」を策定 市ホームページ開設
  • 3月 須賀川市シンボルマークを制定
  • 4月 長禄町小規模通所作業所が使用開始 市在宅介護支援センターが使用開始 第二中学校の給食がスタート
  • 6月 福島空港国際線旅客ターミナルビルが開館 福島・上海便国際定期路線就航 福島・ソウル便国際定期路線就航
  • 10月 「市空き缶等のポイ捨て防止に関する条例」施行 市民交流サロンよりあいを開設
  • 11月 (仮称)先端科学技術体験センターの起工式
平成12年(2000)
  • 4月 愛寿園在宅介護支援センターが開所
  • 5月 2万世帯達成セレモニー
  • 7月 相楽新平氏、市長当選(2期目) 仁井田中学校新校舎完成 給食がスタート 福島空港2,500m 滑走路全面供用開始
  • 11月 (仮称)先端科学技術体験センターの竣工
平成13年(2001)
  • 1月 福島空港から国際線初のジャンボジェット機がハワイ直行のチャーター便として運航
  • 4月 福島・沖縄便が毎日運航 福島・広島便が就航開始 東部在宅介護支援センターが開所 稲田児童クラブ館が開館 大町ポケットパーク「よってけ広場」が開園
  • 6月 市道2-24号(うつくしま未来博進入路)が開通 市内大町に「生き生き交流農園」が開園 東部環状線(仲の町工区)が開通
  • 7月 うつくしま未来博開催(7月7日~9月30日)
  • 8月 福島空港利用者500万人達成
  • 11月 ふくしま森の科学体験センターオープン
平成14年(2002)
  • 3月 NPO豊心会グループホームすずらんが開所
  • 7月 台風6号により阿武隈川・釈堂川流域に内水の被害
  • 8月 澤田三郎元市長逝去
  • 9月 小塩江小学校の新校舎完成
  • 10月 特別養護老人ホームエルピスが開所 福島空港公園内に天然芝のグランドがオープン うつくしまねんりんピック開催 本市では、ふれあいニュースポーツ、ファッションショー、音楽文化祭などが行われる 全日本合唱コンクール全国大会で市立第一中学校、第二中学校が揃って金賞受賞
  • 11月 全日本小学校バンドフェスティバル全国大会で市立第一小学校が優秀賞受賞
平成15年(2003)
  • 1月 須賀川市男女共同参画推進条例を制定
  • 3月 福島空港 開港10周年 市道 4523号線 開通
  • 4月 小塩江児童クラブ館開館 県議会議員・須賀川市議会議員選挙 「松明あかし」が第7回ふるさとイベント大賞優秀賞に選ばれる
  • 6月 JAすかがわ岩瀬「はたけんぼ」オープン
  • 8月 住民基本台帳ネットワークシステムが本稼働
  • 9月 テクニカルリサーチガーデンに第1号企業が進出決定(エスユウエス株式会社)
  • 10月 「市農作物異常気象災害対策本部」を設置 「須賀川市・長沼町任意合併協議会」を設置 山寺北団地3・4号棟が完成
  • 12月 「須賀川市・長沼町合併協議会」を設置
平成16年(2004)
  • 2月 須賀川駅・並木町線が完成
  • 3月 市制50周年記念式典
  • 4月 白鳩保育園と若葉児童館新築開館、柏城児童クラブ館開館式
  • 5月 下宿区画整理事業が完成し、この地域の名称が「下宿町」に
  • 7月 あきない広場アトリウムの愛称が「まちなかプラザ」に決定、供用開始。相楽市長3期目当選(無競争)
  • 9月 須賀川市と長沼町の各議会で合併関連議案を可決
  • 10月 市臨時議会で岩瀬村との合併関連議案を可決 台風23号の激しい雨と強風により224世帯に避難勧告、床下浸水13戸
平成17年(2005)
  • 2月 市役所がISO14001の認証を取得
  • 4月 合併記念式典、長沼支所・岩瀬支所開所式 合併後初の臨時議会を開催
  • 5月 フラワー都市協議会総会が本市で開催される
  • 6月 「須賀川に清流を取り戻す市民の会」が地球環境保全功労者環境大臣表彰受賞
  • 11月 市長と行く万里の長城・故宮の旅に市民40人が参加 2005ふくしまふるさとCM大賞で「大賞」を受賞
平成18年(2006)
  • 1月 福島空港中国上海路線が搭乗者10万人を達成
  • 3月 新生須賀川水環境整備計画」が内閣府の地域再生計画に認定
  • 4月 桙衝地区に移転新築された長沼東保育所が開所 須賀川駅内に「須賀川地域安全安心ステーション」が開設
  • 5月 株式会社コスメサイエンスとテクニカルリサーチガーデン企業用地土地売買契約調印
  • 6月 第三小学校が環境保全功労者等環境大臣表彰受賞
  • 10月 須賀川アリーナに円谷幸吉メモリアルホールがオープン 今泉橋が竣工(今泉~柱田地内)
  • 11月 SUS株式会社とテクニカルリサーチガーデン企業用地土地売買契約調印 第18回市町村対抗福島県縦断駅伝競走大会で須賀川チームが初優勝
平成19年(2007)
  • 1月 窓口のワンストップサービス開始 有限会社山製作所とテクニカルリサーチガーデン企業用地土地売買契約調印
  • 3月 仁井田中学校体育館が落成 戸籍事務がコンピューター化される 地域イントラネットが稼動
  • 4月 総合福祉センターオープン 東部環状線が全線開通 白江こども園開園式 合併後初の市議会議員選挙(28名) 33年ぶりに「古寺山自奉楽」奉納
  • 6月 日本エアコミューター、福島~大阪便就航
  • 7月 ムシテックワールドの入館者が30万人を突破
  • 8月 有限会社イシイテックとテクニカルリサーチガーデン企業用地土地売買契約調印 女性合唱団「すかがわ」が全日本お母さんコーラス全国大会お母さんコーラス大会賞受賞
  • 9月 石背柔道スポーツ少年団が全国大会出場
  • 10月 第二中学校吹奏楽部がこども音楽コンクール東北大会最優秀賞受賞・全国大会出場
平成20年(2008)
  • 4月 白方こども園開園式
  • 5月 市消防団が福島民友旗を受賞
  • 6月 西袋第二小学校が全日本学校関係緑化コンクール学校環境緑化の部準特選を受賞
  • 6月 南部地区(3地区)のまちづくり協定が県の優良景観形成住民協定として知事認定
  • 7月 橋本克也氏、市長初当選
  • 8月 須賀川リトルリーグが全国大会に出場
  • 9月 橋本市長による「市内企業訪問」が笠原工業株式会社を皮切りにスタート
  • 10月 須賀川第3小学校校舎新築工事の安全祈願祭
平成21年(2009)
  • 2月 市乗合タクシーの出発式が、まちなかプラザで行われる
  • 2月 市定額給付金対策室を開設
  • 6月 福島-上海国際定期路線就航10周年記念式典
  • 6月 福島-ソウル国際定期路線就航10周年記念式典
  • 7月 金澤幸男副市長が就任
  • 8月 市民を対象に「パスポート取得事業」を実施
  • 10月 「こども医療費助成制度」開始し、医療費無料化を小学6年生まで拡大
  • 10月 福島・ソウル路線就航10周年記念「市長と行く韓国の旅」実施し、総勢67人が参加
平成22年(2010)
  • 4月 市組織機構改革
  • 7月 「結の辻」が市内本町地内に開所
  • 10月 大森小児童クラブ開館

復興期

平成23年(2011)
  • 1月 証明書コンビニ交付サービス開始、円谷幸吉生誕70周年記念映像完成
  • 3月 東日本大震災により市役所本庁舎、市総合福祉センター被災
  • 4月 市文化センター、須賀川アリーナに分散し、市窓口業務開始
  • 5月 市内循環バス運行開始
  • 11月 石井正廣副市長が就任
平成24年(2012)
  • 1月 長沼地区循環バス運行開始
  • 2月 災害時における北海道長沼町との相互応援に関する協定締結 福島空港利用者1千万人達成
  • 3月 東日本大震災発生から1年、市東日本大震災犠牲者追悼式
  • 4月 全国菜の花サミットinすかがわ開催
  • 6月 市役所仮設庁舎が文化センター駐車場に移転
  • 7月 橋本克也氏、市長2期目当選(無投票)
  • 10月 市内東循環バスと稲田エリア乗り合いタクシー運行開始
平成25年(2013)
  • 3月 東日本大震災発生から2年、長沼地域で東日本大震災犠牲者追悼式 福島空港開港20周年 被災した市庁舎、第一小学校校舎の解体工事完了
  • 5月 M78星雲光の国と姉妹都市提携
  • 7月 市立博物館特別展「特撮ヒーロー飛翔展」開催 主要地方道中野須賀川線袋田工区(袋田バイパス)開通
  • 9月 舘ケ岡里橋完成
  • 10月 関下一里坦線の一部と北向狐石線が開通
  • 11月 神奈川県座間市と友好交流都市協定を締結
平成26年(2014)
  • 1月 原付バイクウルトラマンナンバー交付 東邦銀行と包括連携協定を締結
  • 3月 市制施行60周年記念式典開催
  • 4月 市同報系防災行政無線開局
  • 7月 翠ヶ丘公園わんぱく広場リニューアルオープン 市中央体育館オープン
  • 8月 水道事業包括業務委託開始 水道お客様センター開設 豊中市と災害時相互応援に関する協定を締結 新庁舎建設工事安全祈願祭
  • 9月 市体育協会60周年記念式典 須賀川信用金庫と協働まちづくり協定を締結
  • 10月 第三中学校体育館落成 円谷幸吉メモリアルホールリニューアルオープン
平成27年(2015)
  • 2月 株式会社コンビボックスと災害時における飲料水等の供給協力に関する協定を締結
  • 3月 ウルトラヒーローのモニュメントを松明通りに4体設置 市民スポーツ広場に屋外照明を設置 市合併10周年記念式典
  • 4月 長沼東部コミュニティセンターがオープン 山寺池公園が完成 藤沼温泉「やまゆり荘」が営業再開
  • 6月 秋篠宮同妃両殿下が本市を御視察
  • 7月 円谷幸吉メモリアルホールの入館者が4万人達成 長沼水泳場が5年ぶりにオープン
  • 8月 埼玉県朝霞市と災害時における相互応援に関する協定を締結 第一小学校が新校舎で2学期をスタート 須賀川一小児童クラブ館開館
  • 10月 長沼中学校統合50周年・新校舎落成記念式典
  • 11月 ウルトラヒーローのモニュメントを松明通りに新たに4体設置

発展期

平成28年(2016)
  • 1月 株式会社アクアテクノ須賀川と災害時応援協力に関する協定を締結
  • 2月 市図書館開館100周年記念式典
  • 3月 ウルトラヒーロー街路灯点灯式 災害公営住宅「馬町団地」「東町団地」「弘法坦団地」「山寺北団地」の全100戸の整備が完了
  • 4月 大東こども園開園 熊本地震の被災地に職員を派遣
  • 5月 牡丹園発祥250年記念式典
  • 6月 県畳工業組合須賀川支部と災害時における畳の提供などを受ける協定を締結
  • 7月 橋本克也氏、市長3期目当選(無投票)
  • 8月 須賀川歯科医師会及び須賀川薬剤師会と災害時の医療救護活動等に関する協定を締結
  • 10月 秩父宮記念スポーツ博物館須賀川市巡回展開催 神田産業株式会社と避難所支援物資等の供給協力に関する協定を締結
  • 11月 ウルトラヒーローのモニュメントを公立岩瀬病院前の通りに新たに3体設置 市民交流センター愛称を発表「tette(テッテ)」
平成29年(2017)
  • 1月 Web仮想都市「すかがわ市M78光の町」住民登録1万人達成
  • 3月 岩瀬市民サービスセンター議場の閉場式 新庁舎落成式
  • 4月 5歳児の保育料・授業料を無償化 第三西袋児童クラブ館開館 公立岩瀬病院の新病棟(南棟)で産科婦人科の外来診療を開始 藤沼ダム農業用水の供給再開
  • 5月 新庁舎開庁 市役所窓口でパスポート交付を開始
  • 6月 市消防団初の女性消防団員に辞令交付 ハローワーク、市商工会議所と雇用対策協定を締結
  • 7月 郡山ヤクルト販売株式会社とふるさと納税返礼品に関する協定を締結
  • 10月 東西循環バスの土曜日運行開始
  • 11月 まちなかモニュメントベンチを松明通りに設置 第二小学校新校舎落成・創立110周年記念式典
平成30年(2018)
  • 1月 中学生による初めての模擬議会
  • 4月 第8次総合計画「まちづくりビジョン2018」がスタート 稲田学園開校 福島大学との相互協力に関する協定書を締結
  • 6月 8年7ヶ月ぶりに、福島空港から沖縄県那覇空港へチャーター便が出発
  • 8月 市民交流センター落成式・内覧会 第二小学校児童クラブ館が開館
  • 9月 ムシテックワールドの来館者が100万人達成
  • 10月 国際総合学園FSGカレッジリーグとの連携協定書を締結
  • 11月 特撮文化推進事業実行委員会が設立 「松明あかし」が冬の季語として歳時記に収載

令和元年(2019)

  • 1月 市民交流センターtetteオープン、ウルトラFM開局 こおりやま広域圏の連携協約を締結
  • 2月 茶畑地区産業拠点整備事業で大和ハウス工業株式会社福島支社と土地売買契約及びまちづくりの推進に関する協定を締結
  • 4月 市手話言語条例が施行
  • 7月 JR東日本と東北本線須賀川駅東西自由連絡通路等整備に関する基本協定を締結 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社との包括連携協定を締結
  • 10月 保育施設などに通う3~5歳児を対象に市独自の給食費無償化がスタート 台風第19号による水害で甚大な被害

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書広報課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
秘書係 電話番号:0248-88-9118 ファクス番号:0248-75-7117
広報広聴係 電話番号:0248-88-9112 ファクス番号:0248-75-7117
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。