須賀川市人口ビジョン

ページ番号1004662  更新日 令和2年3月25日

印刷大きな文字で印刷

 平成27年10月に、国の長期ビジョンの期間(2060年)に合わせ、本市の人口の現状分析と将来展望、目指すべき将来の方向性を示す「須賀川市人口ビジョン」を策定しました。

須賀川市の「現在(いま)」

人口の状況

  • 本市の人口は、2005(平成17)年の8万人をピークに減少し、2015(平成27)年には7.7万人となっています。
  • 人口減少が進んでいるのは、少子化と高齢化の進行による自然現象(死亡者数>出生者数)に加え、若者の流出による社会現象(転出者数>転入者数)が要因となっています。

産業の構造

  • 就業者や経済活動の状況から見ると、農業、製造業、卸売業・小売業、医療・福祉が、本市の経済をけん引する重要な産業となっています。
  • ただし、本市の就業者総数は、2000(平成12)年の4万人をピークに減少しており、2010(平成22)年には3.7万人となっています。

須賀川市の将来人口の推計と分析

  • これまでと同じように人口が推移した場合、本市の人口は、2040年には2.7万人、2060年には2.1万人まで減少することが見込まれます。これにより、各産業では人手不足が深刻化する恐れがあります。
  • また、人口・就業者の減少は、消費面では市場の縮小を意味するため、多くの商業やサービス業の経営環境が厳しくなる恐れがあります。
  • 行政面では、社会保障等の支出が増えるなか、税収は減少していくため、財政状況が悪化する恐れがあります。

須賀川市の「未来(これから)」

2040年で人口7万人、2060年で人口6万人の維持を目指す。

本市の基本方針

  • 人口減少を克服し、地域の活力と経済の活性化を推進し、本市が持続的に発展していくために、人口減少のスピードを抑え、人口の若返りを図る取組を進めます。また、交流人口の拡大にも力を入れていきます。
  • 具体的な施策については、「須賀川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、次の4つの基本となる柱を掲げ、本市の強みを生かしながら人口減少対策に取り組んでいきます。

総合戦略の4つの基本となる柱

  1. 産業力を強化するまちづくり
  2. すかがわの宝を生かしたまちづくり
  3. 子どもたちの笑顔あふれるまちづくり
  4. 健康な暮らしを守るまちづくり

第8次総合計画において時点修正をしました

 平成29年12月に策定した「須賀川市第8次総合計画」において、基準人口を2015(平成27)年国勢調査人口に置き換え、時点修正を行いました。

 今後は、時点修正後の目標人口を基本とします。

目標人口

2022年で人口7万6千人、2027年で人口7万5千人の維持を目指す。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 企画政策課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
企画政策係 電話番号:0248-88-9111 ファクス番号:0248-75-2978
企画経営係 電話番号:0248-88-9184 ファクス番号:0248-75-2978
市民協働・シティプロモーション推進係 電話番号:0248-88-9131 ファクス番号:0248-75-2978
統計係 電話番号:0248-88-9113 ファクス番号:0248-75-2978
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。