横田陣屋御殿桜

ページ番号1003541  更新日 令和4年8月10日

印刷大きな文字で印刷

写真:横田陣屋御殿桜

江戸時代に横田の地を所領していた、溝口氏の邸宅内に植えられていたため、「御殿桜」と呼ばれ、館の主に寵愛された桜と伝えられています。
長沼地区で一番早く咲く桜として知られており、赤味がかった濃いピンク色の花が樹全体を覆う姿は圧巻です。
また、この桜は東の丘の上に位置する護真寺のサクラ(福島県指定天然記念物)の種がこぼれて生えた桜ともいわれています。

このページに関するお問い合わせ

文化交流部 観光交流課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
観光振興係 電話番号:0248-88-9144 ファクス番号:0248-94-4563
交流推進係 電話番号:0248-88-9145 ファクス番号:0248-94-4563
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。