障がい福祉サービス事業所一覧

ページ番号1006898  更新日 令和3年4月23日

印刷大きな文字で印刷

障がい者(障がい児)の福祉サービス事業所を紹介します。

(令和3年4月現在)

サービスの種類

〇介護給付

居宅介護(ホームヘルプ)

 入浴、排せつ、食事の介助などのサービスを提供。

重度訪問介護  重度の肢体不自由や重度の知的・精神障がいで常に介護を必要とする方に、自宅で入浴、排せつ、食事の介護、外出時における移動の支援など総合的なサービスを提供。
行動援護  知的・精神障がいのある方が行動する際に、危険を回避するための必要な支援や外出時の移動支援を提供。
同行援護  重度の視覚障がいのある方に、外出時において移動中に必要な情報の提供や移動の支援を提供。

短期入所(ショートステイ)

 家で介護を行う方が病気などの場合に、夜間も含め短期間施設に入所。

重度障害者等包括支援  介護の必要性がとても高い方に対し、居宅介護をはじめとする福祉サービスの包括的支援を提供。
療養介護  医療と常時介護を必要とする方で、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護、日常生活の世話などのサービスを提供。
生活介護  日中に常に介護が必要な方に、入浴、排せつ、食事の介助を行うとともに、創作・生産活動の機会を提供。
施設入所支援  施設入所者に対する介護サービスを提供。

共同生活援助(介護サービス包括型)

 夜間・休日に共同生活を営む住居で、入浴、排せつ、食事の介護などのサービスを提供。
〇訓練等給付

自立訓練(機能・生活訓練)

 自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定期間、身体機能・生活能力の向上のための訓練。

宿泊型自立訓練  自立訓練を行う施設に宿泊しながら一定期間、身体機能・生活能力の向上のための訓練。
就労移行支援  一般企業などへの就労を希望する方を対象とする、一定期間、就労に必要な知識・能力の向上のための訓練。
就労継続支援  一般企業などでの就労が困難な方を対象とする、就労に必要な知識・能力の向上のための訓練。(A型…雇用契約あり/B型…雇用契約なし)
就労定着支援  事業所に新たに雇用された方の就労の継続を図るため、企業、障害福祉サービス事業者などと連携を取り、相談、助言などの支援。
自立生活援助  居宅において自立した生活を行う上で、訪問や相談を通して助言や各機関との調整を行い、環境整備の支援。
地域移行支援  施設入所している方、精神科病院へ入院している方に対して、地域での生活に移行できるよう、住居の確保などの支援。
地域定着支援  単身で居宅生活している方に対して、常時の連絡体制を確保し、特性に応じて、緊急の事態などに相談その他必要な支援。
共同生活援助(外部サービス利用型)  夜間・休日に共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を提供。

〇障がい児通所支援

児童発達

支援

未就学児に対し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練などの支援。

医療型児童発達支援

肢体不自由児への児童発達支援と治療。

放課後等デイサービス

就学児に対し、生活能力の向上のための必要な訓練、社会との交流の促進などの支援。

居宅訪問型児童発達支援

重度障がい児(人工呼吸器の装着や日常的に医療を要する児童、または重度疾病のため感染症にかかるおそれのある児童)の居宅を訪問し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練などの支援。

保育所等訪問支援

障がい児以外の児童との集団生活に適応するための専門的な支援。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 社会福祉課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
福祉総務係 電話番号:0248-88-8111 ファクス番号:0248-88-8119
障がい福祉係 電話番号:0248-88-8112 ファクス番号:0248-88-8119
生活支援係 電話番号:0248-88-8113 ファクス番号:0248-88-8119
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。